ライター : Raico

製菓衛生師 / フードコーディネーター / フードライター

人気の洋食レシピ【サラダ編】5選

1. キャベツがたっぷり。コールスローサラダ

Photo by macaroni

調理時間:20分

キャベツを使うサラダの代表格、コールスローです。野菜は細かく切って塩もみし、水分をしっかりと切りましょう。キャベツのしゃきしゃきした歯ごたえがよく、もりもり食べられますよ。ハムやにんじん、コーン缶を加え、彩りとボリュームをアップ。朝食から夕食まで重宝する、万能サラダです。

2. カリカリのクルトンをのせて。シーザーサラダ

Photo by macaroni

調理時間:10分

粉チーズやにんにく入りのドレッシングがおいしい、シーザーサラダ。こちらはレタスにベーコンやクルトンをトッピングする、シンプルなレシピです。ロメインレタスで作りますが、普通のレタスでもOK。ちぎって冷蔵庫に冷やしておくと、パリッとした食感が楽しめますよ。

3. おかずにもおつまみにもなる。ポテトサラダ

Photo by macaroni

調理時間:15分

ほくほくでねっとりした食感がおいしい、人気のポテトサラダ。玉ねぎやきゅうりを加え、アクセントを付けるレシピです。玉ねぎはレンジ加熱してから加えると、辛味が飛んで甘味がアップ。じゃがいもとよくなじみますよ。ごはんのおかずはもちろん、お酒のお供にもぴったりです。

4. 作り置きにもおすすめ。スパゲッティサラダ

Photo by macaroni

調理時間:20分

つるつるっと食べられるスパゲッティサラダは、食べ応えがあるのが魅力。マヨネーズベースの味付けで、子どもから大人まで愛される味わいです。牛乳を加えるとパサつきが抑えられ、固まりづらいですよ。いろいろなメニューに合わせやすく、常備菜として作り置きするのもおすすめ。

5. にんじんまるごと1本使用。キャロットラぺ

Photo by macaroni

調理時間:20分

千切りのにんじんで作る、キャロットラペ。具材はにんじんのみで完成するサラダです。さっぱりとした味付けで、肉料理やこってり味のメニューによく合いますよ。彩りがよく、箸休めにもおすすめ。作り立てよりもしばらく置くほうが、にんじんに調味料がよくなじんでおいしいですよ。

人気の洋食レシピ【スープ編】5選

6. 好きな野菜でアレンジOK。野菜のコンソメスープ

Photo by macaroni

調理時間:20分

洋食の定番コンソメスープに、具材をたっぷりと入れるレシピです。根菜類やウインナーソーセージを加えると、ポトフ風のおかずスープに。コンソメを使うので、味付けは楽ちんですよ。具材は大きめに切ると、食べ応えがアップ。お好きな野菜を入れて、アレンジしてもよいでしょう。

7. 玉ねぎの甘味をプラス。コーンポタージュ

Photo by macaroni

調理時間:30分

とうもろこしの甘い味わいがたまらない、コーンポタージュ。コーンクリーム缶を使うと、簡単に作れますよ。ミキサーにかけると、とろりとなめらかな舌触りに。レシピでは牛乳で作りますが、生クリームを加えるとクリーミーでコクがアップします。幅広い世代に人気の高いひと品。

8. 濃厚な味わい。かぼちゃのポタージュ

Photo by macaroni

調理時間:30分

とろりと甘いかぼちゃのおいしさが楽しめる、かぼちゃポタージュです。生クリームは使いませんが、濃厚な味わいであと味がしつこくなく仕上がりますよ。ミキサーにかけたあと、裏ごしするとなめらかな口当たりに。温かくしても冷たくしても、どちらもおいしくいただけます。

9. コク旨で深い味わい。オニオングラタンスープ

Photo by macaroni

調理時間:40分

オニオンスープにバゲットとチーズをのせ、オーブンで焼くオニオングラタンスープ。玉ねぎをじっくり炒めることで、旨味の深いスープに仕上がります。スープの染みたバゲットと、とろけるチーズがたまらないおいしさ。玉ねぎは炒める前にレンジで加熱すると、時短で作れますよ。

10. さわやかな酸味。野菜たっぷりミネストローネ

Photo by macaroni

調理時間:25分

トマトベースの具だくさんスープ、ミネストローネです。トマトの酸味がさわやかで、野菜の旨味がたっぷりと溶け込みます。野菜がたっぷり食べられるのもよいところ。家にある野菜でアレンジしてもよく、根菜類で作ってもおいしいですよ。残ったら、ごはんやパスタを加えるのもおすすめ。

人気の洋食レシピ【副菜編】5選

11. シンプルな味付け。ジャーマンポテト

Photo by macaroni

調理時間:25分

ほくほくのじゃがいもとカリカリのベーコンがおいしい、ジャーマンポテト。塩こしょうで味付けする、シンプルなレシピです。じゃがいもはレンジで加熱してから炒めるので、炒める時間を短縮できますよ。じゃがいもを揚げてから炒めてもOK。ビールのアテにもなる、副菜おかずです。

12. 肉にも魚にも合う。スペイン風オムレツ

Photo by macaroni

調理時間:20分

じゃがいもや玉ねぎなどの具材が入る、スペイン風オムレツです。タパスの定番で、ふわふわな卵に具材がたっぷり。厚焼きでボリュームがあり、肉料理にも魚料理にも合いますよ。しっかりめに味付けするので、ワインのアテにもぴったり。お好みでケチャップをかけていただきましょう。

13. レモンの酸味でさっぱり。3種類のきのこマリネ

Photo by macaroni

調理時間:15分

きのこ3種類で作るマリネは、旨味がたっぷり。レモン果汁の酸味を効かせることで、塩分が少なくてもおいしく作れますよ。さっぱりとした味わいで、濃い味付けのメイン料理と相性がばっちり。作り立てよりも少し時間を置くほうが、全体に味がなじみます。作り置きレシピとしてもおすすめ。

14. くせになる。えびとマッシュルームのアヒージョ

Photo by macaroni

調理時間:15分

オリーブオイルとにんにくで具材を煮込むアヒージョ。えびとマッシュルームは、アヒージョの定番かつ人気の具材です。よい香りが食欲を刺激し、フォークを持つ手が止まらなくなりますよ。具材に火が通ればよいので、煮込む時間はそれほどかかりません。オイルが余ったら、バゲットに浸して食べきりましょう。

15. 彩りのよい野菜で。本格野菜のテリーヌ

Photo by macaroni

調理時間:30分(※冷蔵庫で冷やし固める時間は除きます)

野菜のゼリー寄せをテリーヌにするレシピです。手が込んでいるように見えますが、作るのは意外と簡単。彩りのよい野菜で作ると、見映えよく仕上がりますよ。華やかなパーティーやおもてなしにぴったり。あらかじめ仕込んでおけるので、食べるときに切って盛り付ければOKです。

人気の洋食レシピ【メインディッシュ肉編】5選

16.幅広い世代に愛される。ハンバーグステーキ

Photo by macaroni

調理時間:30分

洋食メニューの中でも特に人気の高い、ハンバーグステーキ。肉だねはしっかりとこねると、形が崩れにくくふっくらと仕上がりますよ。ソースはケチャップ、ウスターソース、バターで作るので、とても簡単。お店のような本格的な仕上がりを目指して、丁寧に作ってみてください。

17. 揚げ焼きでOK。ミラノ風カツレツ

Photo by macaroni

調理時間:20分

薄い衣がカリカリでおいしい、ミラノ風カツレツ。フライパンで揚げ焼きにするため、おうちでも作りやすいですよ。衣に粉チーズを入れると、風味が効いてコクがアップ。さくさくした食感とともに、食欲を刺激します。トマトソースやレモンをかけて、さっぱりといただきましょう。

18. ジューシーな肉汁たっぷり。メンチカツ

Photo by macaroni

調理時間:20分

ジューシーな肉汁がじゅわっと広がるメンチカツは、男性に人気のメニュー。ごはんやパン、ビールにも合いますよ。肉だねはしっかりとこねると、肉汁たっぷりに仕上がります。油で揚げるので、中まで火が入りやすく、ご家庭でも簡単に作れますよ。千切りのキャベツをたっぷりと添えて召しあがれ。

19. 塩こしょうでシンプルに。チキンソテー

Photo by macaroni

調理時間:15分

塩こしょうで味付けする、シンプルなチキンソテーのレシピです。皮目から焼き、カリカリになるまで焼くのがポイント。フライ返しを使い、押さえながら焼いてもよいでしょう。鶏もも肉の旨味がたっぷりで、ジューシーな味わい。焼くときににんにくやバターを加えると、風味が付いておいしいですよ。

20. しっとりやわらかく仕上げたい。ローストビーフ

Photo by macaroni

調理時間:50分(※粗熱を取る時間は含みません)

おもてなしやパーティーなど、ハレの日にもぴったりなローストビーフ。フライパンで焼いてからオーブンで蒸し焼きにする、本格レシピです。牛肉は常温に戻してから焼くことで、生焼けになるのを防げますよ。お店のような、しっとりやわらかい仕上がりを目指しましょう。

人気の洋食レシピ【メインディッシュ魚編】5選

21. 下ごしらえでまっすぐに。えびフライ

Photo by macaroni

調理時間:20分

サクサクの衣とぷりぷりの身の食感がおいしいえびフライ。お店のようにまっすくきれいに仕上げるには、えびの下ごしらえに秘訣がありますよ。身の部分だけでなく尾も処理しておくと、揚げるときに油がはねるのを防げます。揚げすぎると硬くなるのでNG。高温で短時間、からりと揚げてくださいね。

22. 見映えがしてお手軽。鯛のアクアパッツァ

Photo by macaroni

調理時間:30分

魚介の旨味がたっぷりのアクアパッツァ。作るのは一見むずかしそうですが、意外と簡単に作れます。こちらは鯛を使うレシピで、焼いてから煮るだけ。フライパンでできるのがうれしいですね。にんにくの香りが食欲をそそり、煮汁を飲み干したくなるおいしさ。おもてなしにも向いていますよ。

23. チーズが香ばしい。あじのパン粉焼き

Photo by macaroni

調理時間:20分

魚のパン粉焼きは、サクサクの衣とふっくらやわらかい身がおいしいですね。こちらはあじで作るレシピです。フライにするよりも軽い味わいで、身が縮みにくくジューシー。洗い物が少なく済むのも助かります。衣に粉チーズを混ぜるので、ほどよく塩味があってそのままおいしく食べられますよ。

24. マスターしたい。鮭のムニエル

Photo by macaroni

調理時間:20分

魚のおいしさがストレートに味わえるムニエルは、魚料理で定番の調理法。表面に小麦粉を付けてカリッと焼き、旨味を封じ込めるのがポイントです。こちらはレモンバターソースで、さわやかでコクのあるおいしさをプラス。白身魚にも応用できるので、ぜひマスターしておきましょう。

25. 人気のごちそう。カニクリームコロッケ

Photo by macaroni

調理時間:30分(※冷蔵庫で冷やす時間は含みません)

とろけるクリームがたまらない、カニクリームコロッケ。ホワイトソースから手作りする、本格レシピです。ホワイトソースは冷蔵庫でしっかりと冷やし固め、短時間でからりと揚げましょう。お店で食べるイメージが強いですが、揚げたては格別のおいしさ。腕によりをかけて作ってみてください。

人気の洋食レシピ【ライス・パン・パスタ編】5選

26. 薄焼き卵でくるっと包んで。オムライス

Photo by macaroni

調理時間:25分

洋食メニューの代表格、オムライス。チキンライスを薄焼き卵で包む昔ながらのスタイルで、子どもから大人まで人気のレシピです。ケチャップはよく炒めて酸味を飛ばすと、チキンライスが食べやすく仕上がりますよ。包むのが苦手な方は、チキンライスの量を少なくのせてみて。

27. ホワイトソースがとろーり。マカロニグラタン

Photo by macaroni

調理時間:30分

ホワイトソースとチーズがとろーりとろける、マカロニグラタンのレシピ。ホワイトソースは焦がさないように、丁寧に作るのがおいしさの決め手です。鶏もも肉やマッシュルームなどが入り、ボリュームがあって具だくさん。火傷に気を付けながら、できたてのアツアツをいただきましょう。

28. コツを押さえて本格的に。ナポリタン

Photo by macaroni

調理時間:20分

スパゲッティをケチャップで味付けするナポリタン。こちらはワンパンでできる、うれしいレシピです。洋食店のような濃厚な味わいにするには、牛乳とチーズを加えるのがポイント。ケチャップの味がまろやかになり、コクがアップしますよ。スパゲッティは水からゆでると、もちもち食感に。

29. イーストなしがうれしい。フライパンピザ

Photo by macaroni

調理時間:30分

軽食やパーティーなどで人気のあるピザ。こちらはフライパンで作るレシピです。生地はイーストを使わず、ボウルに入れてこねるだけなのでお手軽。生地から作っても30分ほどしかかからないため、食べたいと思ったときに作れますよ。お好きなトッピングをのせれば、アレンジも可能です。

30. とろけるチーズをたっぷりかけて。チキンドリア

Photo by macaroni

調理時間:30分

チーズやソースがごはんによく絡む、人気のドリア。こちらはチキンライスにホワイトソースをかける、おなじみの組み合わせです。とろけるチーズをたっぷりのせて焼くと、濃厚な味わいに。ホワイトソースは少し固めに作るほうが、ごはんに合いますよ。チーズがのびる温かいうちに召しあがれ。

簡単レシピも。人気洋食メニューでおうちごはんを作ろう

洋食のレシピは、お店で食べるイメージが強いかもしれませんね。作るのはむずかしそうに感じますが、実は手軽に作れるものもあります。メインディッシュだけでなく、スープや副菜を添えることで、より本格的で華やかに。ハレの日やおもてなしにも使えますよ。

味だけでなく盛り付けもチェックして、見た目にもおいしく仕上げてみて。洋食店のようなおうちご飯を楽しみましょう。

編集部のおすすめ