サラダ以外も。野菜たっぷり副菜レシピ6選

6. 旨味あり。ほうれん草とにんじんの韓国海苔ナムル

Photo by macaroni

調理時間:10分
材料(2〜4人分)
・ほうれん草……1束
・にんじん……40g
・韓国海苔……5g
・しょうゆ……小さじ2杯
・ごま油……小さじ2杯
・白いりごま……大さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

ほうれん草とにんじんで作るお手軽ナムルです。韓国海苔を混ぜるため、旨味やコクを感じられて箸が進みますよ。ほかにも、小松菜やもやしなど冷蔵庫にある野菜で作ってもよいですね。お弁当のおかずにもお酒のお供にも役立つひと品です。

7. 洋風アレンジ。ナポリタンきんぴら

Photo by macaroni

調理時間:15分
材料(2〜3人分)
・にんじん……1/2本
・玉ねぎ……1/2個
・ピーマン……2個
・ウインナーソーセージ……3本
・しらたき……180g
・味付塩こしょう……少々
・砂糖……小さじ1杯
・ケチャップ……大さじ1杯
・しょうゆ……小さじ1/2杯
・だしの素……小さじ1/2杯
・白いりごま……大さじ1杯
・バター……10g

出典: macaro-ni.jp

和食の定番きんぴらを、洋風に味付けするアレンジメニュー。野菜のシャキシャキの歯ざわりに、ケチャップの甘味とほのかな酸味が合わさってさわやかな味わいです。ウインナーソーセージが入るため、子供も野菜が苦手な方も気にならずに食べられますよ。

8. 彩りが美しい。ほうれん草とにんじんの白和え

Photo by macaroni

調理時間:20分
材料(2人分)
・木綿豆腐……1/2丁(150g)
・ほうれん草……1/4束
・にんじん……30g
・しいたけ……2本
・こんにゃく……50g
・だし汁……100cc(だしの素:小さじ1/4杯、水:100cc)
・みりん……小さじ2杯
・薄口しょうゆ……小さじ2杯

〈和え衣〉
・白いりごま……大さじ2杯
・砂糖……大さじ2杯
・薄口しょうゆ……小さじ2杯
・合わせみそ……大さじ1/2杯
・塩……ひとつまみ

出典: macaro-ni.jp

野菜たっぷりの白和えは、覚えておくと重宝します。お酒のお供にもごはんのおかずにも、ぴったりの味わい。赤色のにんじんと緑色のほうれん草の組み合わせは、彩りが抜群です。こんにゃくを加えるため、食べごたえがありますよ。ぜひ日々の献立に取り入れてみてくださいね。

9. コク旨。レタスと卵のオイスター炒め

Photo by macaroni

調理時間:15分
材料(2人分)
・レタス……1/2玉(150g)
・ミニトマト……6個
・卵……2個
・塩……少々
・こしょう……少々
・砂糖……小さじ1/2杯
・鶏ガラスープの素……小さじ1/2杯
・オイスターソース……小さじ1杯
・サラダ油……大さじ2杯

出典: macaro-ni.jp

トマトとレタス、卵の彩りが美しい炒め物です。オイスターソースで味付けするため、旨味たっぷり。あとひと品欲しいときや、朝ごはんのおかずにうってつけです。レタスは火を通すとたっぷり食べられるので、大量消費したいときにもGOOD。

10. さわやかな味。野菜と鶏もも肉のラタトゥイユ

Photo by macaroni

調理時間:40分
材料(4人分)
・鶏もも肉……300g
・れんこん……150g
・玉ねぎ……1/2個
・にんじん……1本
・かぼちゃ……200g
・にんにく……2片
・オリーブオイル……大さじ2杯
・トマト缶……1缶
・コンソメ……小さじ1杯
・塩こしょう……少々
・ローリエ……2枚

出典: macaro-ni.jp

洋風野菜メニューの代表、ラタトゥイユ。なすやズッキーニなどを入れるのが一般的ですが、れんこんやかぼちゃを使っても絶品です。冷蔵庫で2〜3日保存できるため、多めに作るのもおすすめ。オムレツの具にしたりチーズをのせてグラタン風にしたりと、使い道がたくさんですよ。

11. お手軽。ブロッコリーのカニカマ卵あんかけ

Photo by macaroni

調理時間:10分
材料
・ブロッコリー……1株
・塩……小さじ2杯
・水……1000cc

〈カニカマ卵あん〉
・カニ風味かまぼこ……4本
・卵……1個
・水……300cc
・酒……大さじ1杯
・鶏ガラスープの素……小さじ2杯
・塩こしょう……少々
・水溶き片栗粉……大さじ1杯(水:大さじ1杯、片栗粉:大さじ1/2杯)
・ごま油……小さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

卵とカニ風味かまぼこ入りのあんをとろりとかければ、ブロッコリーがたっぷり食べられます。やさしい味わいなので、お年寄りから子供まで幅広い世代に一押し。彩り豊かで、テーブルが華やかになりますよ。ブロッコリーのほかにも、カリフラワーやチンゲン菜などにかけてもおいしいです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ