連載

【365日のパンとスープ】かぼちゃとチーズのお味噌汁

家事に仕事にと忙しい毎日。時にはパンとスープだけの日があってもいいのでは?そんなレスキューごはんを広めるべく「365日のパンとスープ」の企画が生まれました!今回は、@cpp.minian さん考案の「かぼちゃとチーズのお味噌汁」を紹介します。

10 分

365日のパンとスープ

家事に仕事に育児にと、わたしたちの暮らしは毎日が忙しく、お料理することが負担やプレッシャーに感じられる方も多いのでは。いろいろなおかずに彩られた食卓はもちろん魅力的ですが、時にはシンプルにパンとスープだけの日があってもいいんじゃない?

現代版の一汁一菜が忙しいわたしたちのレスキューごはんになったらいい、そんな想いで「365日のパンとスープ」は生まれました。

企画に共感した365名の人気インスタグラマーさんたちが、季節にマッチしたスープのレシピを考案してくれました。

スープと合わせているのは、冷凍パンのPan&(パンド)。軽くリベイクすればいつでも焼きたてのパンをお召し上がりいただけます。

洗い物も最小限で、冷蔵庫の食材整理に最適。栄養もとれ、腹持ちも良い。いいことだらけの「パンとスープ」をぜひお試しくださいね。

かぼちゃとチーズのお味噌汁 by.@cpp.minian

材料

(2人分)
  • かぼちゃ150g(ひと口大のもの6個分)
  • 玉ねぎ1/2個
  • 400cc
  • 固形コンソメ1個
  • 合わせみそ大さじ1と1/2杯
  • とろけるチーズ適量
  • トッピング
    • 小口ねぎ適量
使用したお鍋:ル・クルーゼ ココット・エブリィ 18cm

下ごしらえ

・かぼちゃは皮付きのまま、ひと口大に切りレンジ600Wで3分加熱します。
・玉葱は薄切りにします。

作り方

1

鍋に、かぼちゃ、玉ねぎ、水、固形コンソメを入れて野菜が柔らかくなるまで弱火で5分ほど煮ます。

2

合わせみそを溶き入れ、鍋の表面に置くように、とろけるチーズをそっと加えて蓋をし、チーズがとけるまで3〜4分蒸します。※チーズは少し前に室温に戻しておくと、溶けやすいですよ。夏場は室内温度が高くなりやすいので、室温に戻したらすぐ加熱調理してくださいね。

3

器にもり、小口ねぎを散らしたら完成です♪

コツ・ポイント


・チーズを鍋に入れるときは、表面にそっと置いて、かき混ぜないようにしてください。
・器に盛る時は、チーズが崩れないようにならないようにゆっくりすくってくださいね。

スープに合わせたのはPan&の冷凍パン

Pan&のパン

Photo by Pan&(パンド)/STYLE BREAD

パンとスープのみのシンプルな献立だから、パンにはこだわりたい。そこでmacaroniが注目したのが、Instagramでもジワジワと人気の冷凍パン「Pan&(パンド)」。

「Pan&(パンド)」はトースターでリベイクして仕上げるため、おうちで焼きたてのパンが楽しめます。

お気に入りのベーカリーに買いに行く時間が無くても、「Pan&(パンド)」を冷凍庫に常備しておけば大丈夫。疲れて買い物に行く気力がない日だって、冷凍庫の「Pan&(パンド)」と冷蔵庫の残り野菜で食事の支度はOK。

ぜひ「Pan&(パンド)」のある暮らし、体験してみてください!

「365日のパンとスープ」をもっとおいしく

ル・クルーゼの鋳物ホーロー鍋でスープを格上げ

ココット・エブリィ

Photo by ル・クルーゼ

ル・クルーゼのお鍋の特長は、優れた熱伝導と蓄熱性。ゆっくりムラなく熱が入り、食材が煮崩れせず、甘みや旨みを最大限に引き出します。料理が冷めにくく、料理を温かく保ちます。

BALMUDA The Toaster‎で焼き立てパンを香ばしく

BALMUDA The Toaster‎

Photo by BALMUDA

パン好きの必須アイテム、BALMUDA The Toasterは蒸気を加えて焼くので冷凍パンのリベイクにピッタリ。外はこんがり香ばしく、中はふっくらジューシーに焼き上げます。

Bamixのハンドブレンダーがあればポタージュもお手軽に

Bamixのハンドブレンダー

Photo by チェリーテラス

プロの愛用者も多いハンディフードプロセッサー「bamix」があればポタージュスープも手軽に完成、アレンジも自在。スイス生まれのタフな一台はキッチンの必需品です。
企画協力:STYLE BREAD
商品協力:ル・クルーゼ/バルミューダ/チェリーテラス
▼心もお腹も大満足なスープはこちら♪

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_channel

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう