【ゆるぽかレシピvol.2】しょうがと根菜のぽかぽか豚汁

「しょうがと根菜のぽかぽか豚汁」のレシピと作り方を動画でご紹介します。しょうがを乾燥させると体を温める働きがパワーアップ。たっぷりの野菜とジューシーな豚肉をたっぷりと加えた肌寒い季節にオススメな体の芯から温まる味噌汁です。

20 分

今回のゆるぽかポイント

しょうがを乾燥させると、辛味成分であるジンゲロールとショウガオールのふたつが働き、全身を温める効果がアップします。また、根菜やたんぱく質が豊富な豚肉を一緒に摂ることで体を温める効果がさらに高まりますよ。

※今回はレンジで作る方法ですが、乾燥しょうがは天日干しで1日干したり、オーブンで乾燥させても作ることができます。

材料(2人分)

  • 乾燥しょうが(作りやすい分量)
    • しょうが1個
  • 豚汁
    • 乾燥しょうが8枚
    • 豚バラ肉120g
    • 大根150g
    • にんじん70g
    • しめじ50g
    • 600cc
    • だしの素小さじ1杯
    • 合わせみそ60〜70g
    • ごま油小さじ2杯

下ごしらえ

・大根、にんじんはいちょう切りします。
・豚バラ肉は3cm幅にカットします。
・しめじは手でほぐします。

作り方

1

乾燥しょうがを作ります。しょうがはよく洗い、皮ごと2〜3mmにスライスします。

2

耐熱容器に①を広げ、レンジ500Wで5〜6分加熱し、そのまま冷まして完成です。

3

乾燥しょうが4枚をみじん切りします。鍋にごま油を引いて熱し、しょうが、肉バラ肉を入れて中火で炒めます。

4

肉の色が変わったら、大根、にんじん、しめじ、乾燥しょうが(4枚)を加えてフタをし、火が通るまで10〜15分中火で煮ます。

5

火を弱めて味噌を溶き入れ、お好みで長ねぎをトッピングして召し上がれ。

今日から始める、ゆるぽか習慣② 朝ごはんを食べて、朝からぽかぽか

朝ごはんを食べると消化運動などで体内に熱が発生し、寝ている間に低下した体温を上昇。眠っている体や脳が目覚め、体内の働きが活性化されます。また、胃や腸が刺激されることで大腸の蠕動運動が活発になり、便秘の改善にも効果的と言われています。
時間がなくて朝食が食べられないという人は、スープやフルーツなどから食べやすいものから始めてOK!
まずは3食決まった時間に食事をとり、体内リズムを整えることから始めましょう。
文・レシピ作成:村井ひかる(管理栄養士)
前回までに紹介したレシピはこちら

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_channel

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう