「豚汁」の具は何がいい? 定番&アイデア具材とおすすめレシピ5選

地域や環境によって具材が異なる「豚汁」。入れる食材はなんでもアリというなんとも不思議なメニューですが、みんなが大好きだってことは間違いないですよね。この記事では、豚汁の具材を徹底調査。定番のものから、ユニークな変わり種までご紹介します。

2019年9月26日 更新

豚汁には何を入れる?

豚汁の入ったお椀を両手で持っている様子

Photo by macaroni

汁物のなかでも1位、2位を争うほど人気の高い「豚汁」。具材をたくさん入れれば、それ一杯でも十分おなかいっぱいになるほどボリューミーになりますよね。

そんな豚汁、地域や家庭によって入れる食材はさまざま。この記事では定番食材、おすすめ食材、変わり種食材と分けて、切り方とともにご紹介します。最後におすすめの豚汁レシピも掲載しているので、あなた好みの豚汁を見つけてみてくださいね。

豚汁の「定番」具材6選&切り方

1. 豚肉

まな板の上のカットされた豚バラ肉

Photo by macaroni

その名前の由来にもなっている豚肉は、豚汁には欠かすことのできない存在。おすすめはバラ肉です。バラ肉の脂は汁を冷めにくくしてくれます。逆に夏ならば、バラ肉よりも脂身が少ないロースやもも肉を使用してもいいですね。切り方は、ひと口サイズが定番です。

2. 大根

じゅんわりと出汁が染み込む大根を入れるのもいいですね。シャキシャキ感が好きならあまり煮込まずに、クタッとしたのが好みなら切ったあとに一度レンジでチンするといいでしょう。切り方はいちょう切り短冊切りがおすすめです。

3. にんじん

彩り担当のにんじんも欠かせない食材ですね。切り方はいちょう切りが定番ですが、大根やこんにゃくに合わせても構いません。やわらかめが好きな場合や乳幼児のお子様がいるお家は、切ったあとにレンジでチンすると煮込み時間が短くてもやわらかく仕上がります。

4. ごぼう

ごぼうを入れるとコクが出て全体が締まるので、できれば入れたい野菜のひとつです。切り方はささがき小口切りなど好みに合わせましょう。アクが強い野菜なので、下処理は丁寧におこなってくださいね。

5. ネギ

ねぎは好みにより、一緒に煮込んでもいいですし、刻みネギにして薬味にしてもいいでしょう。煮込む場合は、ぶつ切りがおすすめです。薬味で利用する場合は小口切りに。切ったあとは水にしばらくさらしておくと、辛味が抜けます。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mikki_no

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう