ライター : taki

料理家

調理師/食育インストラクター3級/薬膳アドバイザー。調理師専門学校を卒業し、和食/イタリアン/ベーカリー/ケータリングなど様々な店で修行後、おべんとう屋"takiben"を主宰(店舗販売は…もっとみる

豚汁の保存方法と日持ちの期間は?

汁物のなかでも食べ応えのある豚汁。ついたくさん作りすぎてしまう豚汁は、どのような保存が可能なのでしょうか?

結論、豚汁は「冷蔵」「冷凍」での保存が可能です。それぞれ保存期間が異なるので、下記でチェックしてみてください。常温保存については、晩ごはんの直前に豚汁を作り、食べるまでくらいであれば可能ですが、基本的にはNGです。正しい方法と期間をおさえて、上手に豚汁を保存しましょう。
保存方法保存期間
冷蔵保存2〜3日(夏場は1〜2日)
冷凍保存約2週間

豚汁を冷蔵保存する方法

豚汁を冷蔵保存する方法を、まとめてチェックしましょう。保存する容器によって手順は異なりますが、共通して言えることは、急速に粗熱を取ること。容器の大きさに合わせて、適切な方法で粗熱を取ってから冷蔵庫に入れてください。

鍋ごと保存する場合

鍋ごと保存する場合は、ひとまわり大きい鍋かボウルに氷水を入れ、豚汁の入っている鍋ごと冷やしましょう。おたまやレードルでかき混ぜると早く冷やせます。粗熱が取れたら蓋をして、冷蔵庫に入れてください。

小分けにして保存する場合

作った豚汁を、保存容器か保存袋に入れる方法です。保存容器はしっかり蓋が閉まる深めのものを選んでください。また、保存袋に入れる場合は漏れやすいため、マチがあり、立てて保存できるものを選ぶとよいでしょう。どちらの場合も、あらかじめ保存容器を清潔にしておくことが重要です。

豚汁を冷凍保存する方法

豚汁は冷凍保存も可能です。こちらも冷蔵の場合と同じように、冷凍庫に入れる前に急速に粗熱を取ることが重要です。冷凍に適した容器に豚汁を入れ、粗熱を取ってから冷凍保存しましょう。

保存容器の選び方と保存方法

冷凍保存では、必ず容器が冷凍可能なものを選んでください。

保存容器の場合は、深さがあり、しっかり蓋が閉まるものを選びましょう。保存袋の場合は、冷蔵保存と同じようにマチがあり、立てて保存できるものを選ぶとよいでしょう。どちらの場合も、汁物は冷凍することで膨張するため、容器に余裕をもって入れてください。また、あらかじめ保存容器を清潔にしておくことも大切です。

必ず、一度に食べ切れる量を保存容器に入れることも覚えておいてください。家族分の作り置きなら大きい保存容器でもOKですが、一人暮らしなら小さいの保存容器に小分けにするとよいですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ