ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

豚汁に豆腐は必要?

地域によって豚汁に入れる具材はさまざま。そのなかでも豆腐は、"入れる派""入れない派"に分かれることが多い具材です。ネットの声を拾ってみると、どうやら"豆腐を入れる派"が多い模様。なかには、かさ増しのために豆腐を入れる人もいるようです。 豆腐以外の定番具材といえば、大根やにんじん、里芋、ごぼうなどの根菜類が筆頭にあげられますね。そのほかにも、油揚げやこんにゃく、長ねぎをくわえるご家庭も多いでしょう。なかには玉ねぎやじゃがいも、キャベツや高野豆腐を入れる地域もあるそうです!

豚汁の豆腐の選び方や作り方のポイント

豆腐の選び方

豚汁には木綿豆腐を使うのがおすすめ!豚汁は具だくさんの汁物で、場合によっては具材を炒めることもあります。絹豆腐を使うと、具材を炒めたり鍋をかき回したりする際に、細かく崩れてしまう可能性が高いのです。 その点、木綿豆腐は硬く、ほかの具材に押されて形が崩れることも少ないでしょう。一方で、具材が少ない豚汁を作る場合は、絹豆腐を選ぶのもアリかもしれません。

作り方のコツ

豆腐を入れるタイミングは、“野菜が煮えたあと”がおすすめ。その際は、豆腐を手でくずしながら入れると、食感が楽しくなりますよ。 豆腐に味をしみ込ませるコツは、事前にしっかりと水切りをしておくこと。豆腐の水分を外に出しておくことで、その隙間に味の成分が入りやすくなります。塩入の熱湯でゆでるなど、好みの方法で水切りしてからくわえてみてくださいね。

豆腐入り豚汁の人気レシピ5選

1. 絹豆腐で作る簡単豚汁

短時間で豚汁を用意したいときは、こちらのレシピがおすすめ!白ネギや白菜、カブなど火が通りやすい食材で作るので、時間をかけずに作ることができます。隠し味に醤油をくわえるのがポイントです。

2. 韓国風豚汁

こちらはピリッとした刺激を楽しめる「韓国風豚汁」のレシピ。豚肉にコチュジャンをもみ込むことで、しっかり味の豚汁に仕上がります。下ごしらえを済ませたら、あとは具材をだし汁で煮て味噌を溶かすだけ。調理時間10分と、時短で作れる豚汁です。

特集

FEATURE CONTENTS