爆発しない!ゆで卵をレンジで上手に作る方法&温めるときの注意点

ゆで卵って、電子レンジに入れて加熱すれば作れること、ご存じですか?コツさえ覚えれれば、電子レンジに卵を入れても爆発しないんです。今回は、ゆで卵をレンジで簡単に作る方法、レンジを使ったおすすめグッズ、温めるときの注意点をご紹介します。

電子レンジで「ゆで卵」が作れる!?

朝食やお弁当、サラダや付け合せなど、彩りも添えてくれるゆで卵は、季節を選ばずさまざまなシーンに大活躍。でも、ゆでるだけでできる調理とはいえ、割れないように注意しながら沸騰したお鍋にそっと入れたりと気を使う作業があって、忙しい時にはちょっと面倒だったりしませんか?

電子レンジを活用すれば、簡単にゆで卵を作ることができますよ。電子レンジで作ると卵が爆発してしまうからと、あきらめていた方もいるでしょうか。今回は、電子レンジを使っても爆発せずに作れる方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそも、なぜ卵は爆発するのか

電子レンジで卵が爆発している写真

Photo by macaroni

※電子レンジで爆発した無残な卵の姿がこちらです

電子レンジで卵を加熱すると、なぜ爆発してしまうのか?
中央にある黄身が電子レンジで急速に加熱されると、内部に水蒸気が発生して沸騰、熱膨張します。そして、その圧力に耐えられなくなった結果、破裂するのです。

ちなみに、卵のほかにもレンジで加熱すると同様の仕組みで爆発してしまう食べ物がいくつかあります。例えば、皮付きのソーセージ、たらこ、銀杏などです。これらも、皮に包まれた内側の熱膨張により、皮を破って爆発してしまう可能性があります。

電子レンジを使うと、どうしても黄身に急激に熱を加え沸騰させてしまうのですが、もしゆっくりと黄身をあたためることができれば、爆発はしません。電子レンジは、物を温める際にマイクロ波という電磁波を発生させますが、この電磁波を遮断することで、黄身に少しずつ熱を与えることができるんです。

どうやって、マイクロ波を遮断した上で、卵に熱を与えられるのでしょうか?では、電子レンジで卵を爆発せずにゆで卵を作る方法を紹介します!

電子レンジを使ったゆで卵の作り方

マイクロ波は食器や茶わんなどをすり抜けて中のものに熱を加えますが、アルミホイルにはマイクロ波を遮断する機能があります。そのため卵をアルミホイルで包んで調理すると、破裂せずに卵の加熱ができます!

材料

・卵
・卵を入れても余裕があるくらいの大き目のマグカップ
・アルミホイル
・ラップ

固ゆで卵の作り方

アルミホイルで巻いた卵がマグカップに入っている写真

Photo by macaroni

1 アルミホイルで巻いた卵をマグカップに入れて、卵がかぶるくらいの水を注ぎます。
ゆで卵が入ったマグカップにラップがされている写真

Photo by macaroni

2 ラップをふんわりかぶせて、600wの電子レンジで11分加熱します。
電子レンジで加熱した後の卵

Photo by macaroni

3 加熱後は、かなり水が減っているので、十分な水を注いで加熱してくださいね。
冷水でゆで卵を冷やしている写真

Photo by macaroni

4 固ゆで卵を作る場合は、電子レンジから出したあと、2、3分置いてから冷水へ入れてください。
お皿にのった固茹でのゆで卵の写真

Photo by macaroni

カットすると、しっかりきれいな固ゆで卵ができあがりますよ。

半熟卵の作り方

お皿にのった半熟卵の写真

Photo by macaroni

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

kamomm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう