ライター : megyu

食生活アドバイザー/野菜&果物コンシェルジュ

1. 15分以内に作れる。簡単献立レシピ

Photo by macaroni

レシピ詳細は下記リンクから確認▼

1.【主菜】レンジで簡単。ぶりの照り焼き

Photo by macaroni

急いでいるときや疲れたときの夕飯には、レンジで作るぶりの照り焼きがおすすめです。レンジで加熱している間に副菜や汁物に取りかかれるので、時短できますよ。火加減を気にしたり、焦がしたりする心配もないので、料理初心者さんにもおすすめ。後片付けもらくらくです。

2.【副菜】テーブルを彩る。キャベツと桜えびのおひたし

Photo by macaroni

ぶりの照り焼きの隣に、キャベツのグリーンと桜えびのピンクが印象的なおひたしを並べて、彩りをプラス。キャベツは手でちぎると、味がなじみやすくなりますよ。まな板と包丁を使わずに作れるのも魅力のひとつ。ぶりの粗熱をとっている間に、おひたしの材料をレンジにかけましょう。

3.【汁物】旨味と香りが抜群。3種きのこのすまし汁

Photo by macaroni

甘辛なぶりの照り焼きには、やさしい味わいのすまし汁を合わせるのはいかがでしょうか。薄口しょうゆと塩だけのシンプルな味付けです。しめじ・えのきだけ・しいたけの3種類のきのこを使用して、旨味たっぷりに仕上げましょう。仕上げに三つ葉をのせると彩り豊かに。三つ葉の爽やかな香りが、きのこの風味によく合いますよ。

2. 財布にやさしい。節約献立レシピ

Photo by macaroni

レシピ詳細は下記リンクから確認▼

1.【主菜】コスパ最高。鶏むね肉の焼肉風スティックチキン

Photo by macaroni

食費を抑えたいときには、メインディッシュに鶏むね肉を使うのがおすすめです。鶏むね肉なら比較的安価で、ボリュームはしっかり。1cm幅の棒状にカットすると、食べやすさも抜群です。みそや豆板醤のこってりピリ辛風味で、ごはんのお供にぴったりですよ。

2.【副菜】シャキシャキ食感。豆苗ともやしの中華サラダ

Photo by macaroni

濃厚な味付けのチキンのお供に、中華風サラダはいかがですか?豆苗ともやしを使えば、シャキシャキとした歯応えを楽しめます。コストを抑えられて、満足たっぷりのサラダです。食材をゆでて調味料を混ぜ合わせるだけなのでお手軽ですよ。

3.【汁物】やさしい味わい。ふわふわ卵スープ

Photo by macaroni

ふんわり卵がたまらない、中華風スープのレシピです。長ねぎの甘さと鶏ガラスープのやさしい味わいで、ピリ辛風味のメインディッシュとの相性抜群です。水溶き片栗粉でとろみをつけてから溶き卵を加えると、ふわっふわに仕上がりますよ。

3. ボリューム満点!豚肉メインの献立レシピ

Photo by macaroni

レシピ詳細は下記リンクから確認▼

1.【主菜】チーズがとろ~り。豚こま肉の照り焼きボール

Photo by macaroni

ボリュームたっぷり食べたいときには、豚こま肉を使うメインディッシュがおすすめです。チーズを豚こま肉で包んで、甘辛だれに絡めます。こってり照り焼き風味の肉の中から、とろ~りチーズが溢れ出てクリーミー。ごはんにはもちろんお酒にもよく合いますよ。

2.【副菜】彩り豊か。水菜とベーコンのシーザーサラダ

Photo by macaroni

濃厚な味わいの肉料理には、水菜とベーコンのシーザーサラダがよく合いますよ。ベーコンとクルトンはトースターで焼けば、手間が省けてらくらく♪ シャキシャキの水菜にカリカリのクルトン入りで、食感が楽しめるひと品です。

3.【汁物】コク旨。セロリとトマトのコンソメスープ

Photo by macaroni

チーズを使うおかずには、相性抜群のトマト風味のスープがおすすめです。セロリをじっくり炒めると、甘味が増して独特の苦味が軽減します。セロリが苦手な人でもおいしく食べられますよ。仕上げにパセリをかければ、風味と彩りがアップ。

4. 旨味しっかり。鶏肉メインの献立レシピ

Photo by macaroni

レシピ詳細は下記リンクから確認▼

1.【主菜】こんがりジューシー。チキンソテー

Photo by macaroni

鶏もも肉のソテーのレシピです。味付けは塩こしょうだけなので、素材の味をじっくり味わえますよ。皮はパリパリとした食感で、ひと口食べればジューシーな鶏の旨味が口いっぱいに広がります。子どもから大人まで喜んでもらえるひと品です。

2.【副菜】爽やか。アスパラとグレープフルーツのサラダ

Photo by macaroni

グレープフルーツとアスパラガスで作るサラダです。グレープフルーツは果肉だけでなく、果汁をドレッシングに混ぜ合わせるのでフルーティーさ満載。爽やかな味わいで、ジューシーな肉料理のお供にぴったりです。鮮やかな見た目のサラダは、テーブルを明るく飾ってくれますよ。

3.【汁物】旨味たっぷり。野菜とチーズのコンソメスープ

Photo by macaroni

肉料理がメインのときは、野菜が不足しがち。野菜をたっぷり使うスープを組み合わせましょう。じゃがいもやしめじ、れんこんなど、8種類の野菜を使うスープは、旨味がぎゅっと濃縮されて深い味わいに仕上がります。トッピングのチーズが絡んで、たまらないおいしさですよ。

5. あっさりおいしい。魚メインの献立レシピ

Photo by macaroni

レシピ詳細は下記リンクから確認▼

1.【主菜】ごはんがすすむ!鮭ときのこの和風マリネ

Photo by macaroni

鮭はムニエルや塩焼きなど、さまざまな味わいで楽しめる食材です。さっぱり風味で食べたいときには、マリネがおすすめですよ。耐熱容器に鮭・きのこ・調味料を入れたら、レンジで加熱するだけ。忙しいときにとても便利です。

2.【副菜】カラフルおかず。さやいんげんとにんじんのごま和え

Photo by macaroni

さやいんげんのグリーンとにんじんのオレンジが鮮やかなごま和えで、彩り豊かに飾りましょう。さやいんげんとにんじんをレンジで加熱すれば、お湯を沸かす必要がなく、時短できます。白すりごまをたっぷり使って、香ばしさ満点です。

3.【汁物】食べ応え抜群。鶏団子のねぎごまスープ

Photo by macaroni

魚料理がメインのときは、肉入りのスープを組み合わせるとボリュームアップできますよ。鶏ひき肉と玉ねぎで作る肉団子は旨味たっぷり。スープに肉団子のだしが染みて、おいしさ倍増です。春雨を加えれば、つるんと喉ごしのいいスープに仕上がります。

6. さっぱりやさしい。和食の献立レシピ

Photo by macaroni

レシピ詳細は下記リンクから確認▼

1.【主菜】おろしポン酢でいただく。おからハンバーグ

Photo by macaroni

さっぱり風味の和風ハンバーグ。ジューシーなハンバーグに、ポン酢しょうゆと大根おろしがよく合います。肉だねにおからを入れてかさ増しをすれば、コストダウンができますよ。大葉の爽やかな香りが食欲をそそるひと品です。

2.【副菜】ごま香る。水菜とにんじんのごぼうサラダ

Photo by macaroni

ごぼう・にんじん・水菜で作るサラダです。彩り鮮やかなサラダで、ハンバーグの献立を華やかに飾りましょう。野菜のシャキシャキとした食感が堪能できて、箸休めにぴったりです。砂糖・しょうゆ・マヨネーズでコク旨仕立てに。ごまの芳ばしい香りがたまりません。

3.【汁物】ほっこり染みる。切り干し大根としめじのみそ汁

Photo by macaroni

和食献立に欠かせないみそ汁。切り干し大根を戻し汁ごと使うと、だし不要で簡単に旨味たっぷりに仕上がります。長ねぎとしめじを入れると、風味が豊かに。メイン料理に取りかかる前に切り干し大根を水に浸しておくと、スムーズに調理が進みますよ。

7. 子供が喜ぶ!洋食の献立レシピ

Photo by macaroni

レシピ詳細は下記リンクから確認▼

1.【主食】みんな大好き。ふわふわオムライス

Photo by macaroni

ふんわり卵に甘酸っぱいケチャップをかけるオムライスは、子供に大人気の夕飯メニューです。おいしく作るコツは、チキンライスの具材をバターで炒めること。風味とコクが増しますよ。卵をふわふわに仕上げるためには、加熱しすぎないことがポイントです。

2.【副菜】ホクホク。そら豆とベーコンのポテトサラダ

Photo by macaroni

マヨネーズで味付けするポテトサラダは、子供が喜んで食べてくれますよ。そら豆とベーコンを加えて、色鮮やかに仕上げましょう。枝豆やコーンなど、子供が好きな食材で代用してもOK。時短したいときには、じゃがいもをレンジで加熱するのがおすすめです。

3.【汁物】コクたっぷり。ブロッコリーポタージュ

Photo by macaroni

食卓にグリーンが足りないと感じたら、ブロッコリーポタージュを並べましょう。冷凍ブロッコリーをすりおろして作るので、ミキサー不要。牛乳のほかに粉チーズを加えれば、コク深い味わいに仕上がります。酸味があるケチャップのオムライスとの相性はばっちりですよ。

今日の夕飯の献立メニューで悩まない!

献立を考えるときには、主菜・副菜・汁物で異なる食材を使うようにすると、彩りが豊かになりバランスの良い食事ができます。ボリュームたっぷりの肉料理には野菜たっぷりのサラダを、ピリッと辛みのある主菜にはやさしい味わいのスープを組み合わせましょう。

「今日は何を作ろう?」と思ったときに、ぜひ今回ご紹介した献立案を参考にしてくださいね。

編集部のおすすめ