【豚肉のお弁当おかず集】 豚こまからロースまで部位別レシピ20選!

お弁当のおかずにおすすめの豚肉レシピをご紹介します。薄切りやミンチなど、お肉の種類でも味わいが変わる豚肉。今回は20種のレシピを、豚こまや豚バラ肉・ロース・ひき肉と部位別に掲載。定番メニューから作り置きレシピまでたくさんのアレンジが登場しますよ。

2019年2月26日 更新

豚肉おかずでお弁当にボリュームを!

豚肉を使った料理は調理がしやすいメニューが多く、お弁当のおかずにおすすめしたい食材のひとつです。薄切り肉に野菜を巻いたり、こま切れ肉で炒め物をしたり、ちょっとボリュームを持たせて厚切りロースをグリルにと、調理方法はバラエティに富んでいます。

ほかの食材との相性もよく使い勝手もバツグンなので、レシピをたくさん覚えておけば、毎日のお弁当のおかずにも困りません。下処理をきちんとして仕込みをしておくと、冷凍保存もでき、忙しい朝を迎えている方にもピッタリです。

お肉が固くならないようにするには

こま切れ肉はそこまで気を使うことはありませんが、生姜焼き用の薄切りロースやステーキ用の厚切りロースは、切り込みを入れて繊維を断ち切る下処理が大切です。

また、「豚肉はしっかり焼かなければいけない!」と言われていますが、必要以上に火を通すと固くなるので注意しましょう! 味付けをしっかりしておくと、冷めてもおいしいお弁当用のおかずになりますよ。

豚こま肉を使った人気のお弁当のおかず5選

1. 豚こまボールの油淋鶏(ユーリンチー)風

保存容器に並んだ油淋鶏風豚こまボール

Photo by macaroni

まず最初は豚こま肉を丸めて作ったミートボールをご紹介します。片栗粉をお酒と一緒にまぶして揚げ焼きにするだけなので、揚げ物のような手間もかかりません。切り落とし肉の便利なところは、アレンジが豊富なところですよね。外はカリッと、中はジューシーに焼きあがった豚こまボールを、油淋鶏風の甘辛だれでめしあがれ。

2. 豚こましぐれ煮

保存容器に入った豚こましぐれ煮

Photo by macaroni

豚こま肉をたっぷりのしょうがと一緒に煮込んだしぐれ煮のレシピです。煮物というと仕込みの時間がかかりそうですが、調理時間はたったの20分。そのままお弁当箱に詰めても、おにぎりの具に加えてもおいしくいただけますよ。たっぷり作ってぜひ作り置きしてみてくださいね。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

KIBO LABO キボー ラボ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう