ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

とろ旨「チャーシュー丼」を自宅で!

とろっとしたチャーシューを、ホカホカご飯の上にのっけて食べる「チャーシュー丼」。チャーシューさえ作っておけば、ランチやお弁当などで簡単に用意できます。今回は、基本的な作り方とおすすめのアレンジレシピをご紹介! タレや味わいに特徴があるレシピや、いくつか具材を加えてアレンジを加えたレシピなど、チャーシュー丼に変化をつけるためのアイデアがずらり◎ お手軽に作れるチャーシュー丼を、ランチのレパートリーに加えてみませんか?

タレも手作り◎ チャーシュー丼のレシピ

Photo by tumu

こちらでは、基本的なチャーシュー丼の作り方をご紹介。タレと煮卵、白髪ねぎの作り方もチェックしましょう。卵はひとり1個で十分ですが、せっかくなので2つ使います。 こちらは基本的なトッピングなので、さらにいろいろと具材を足してみると、味わいに変化が出て面白いですよ。レッツ・トライ!

材料(2人分)

Photo by tumu

・チャーシュー    300g  ・卵         4個 ・長ねぎ(白い部分) 1本 ・ご飯         適量 【タレの調味料】 ・醤油        大さじ2 ・みりん       大さじ2 ・砂糖        大さじ1 ・酒         大さじ1

タレの作り方

1.小鍋などにタレの調味料をすべて入れ、火にかけます。

Photo by tumu

2.沸騰したら軽く煮詰め、完成!焦げないように注意してくださいね。

Photo by tumu

チャーシュー丼の作り方

1.まずは煮卵から。半熟卵を作るので、卵は常温に戻しておきます。

Photo by tumu

2.お鍋にお湯を沸かし、おたまなどを使って卵をゆっくりとお湯のなかに入れます。あまりグラグラとさせず、中火で7分茹でましょう。

Photo by tumu

3.茹で上がったら、冷水にとります。ある程度冷めたら殻をむきましょう。

Photo by tumu

6.むき終わったら、保存容器などにチャーシューの煮汁と一緒に卵を入れ、冷蔵庫でひと晩漬け込みます。

Photo by tumu

7.次に白髪ねぎの作り方をご紹介します。長ねぎを3~4cmほどの大きさにカットしましょう。

Photo by tumu

8.包丁で芯のところまで、切りこみを入れます。長ねぎを開き、芯の部分と白い部分に分けましょう。芯の部分は、刻んでおいて彩りとして利用してもOK!

Photo by tumu

9.白い部分を広げ、千切りにします。

Photo by tumu

10.刻んだ白い部分は、水に浸けましょう。

Photo by tumu

11.チャーシューをスライスし、煮卵は2つに割ります。

Photo by tumu

12.ご飯を器に盛り、チャーシュー、煮卵、白髪ねぎをのせ、タレをかけたら完成!お好みで海苔や長ねぎの青い部分をトッピングすると、ビジュアルも良い感じになりますよ。

Photo by tumu

作るときの簡単なコツ

チャーシューは、いったんバーナーなどで炙ると香ばしさがアップします。また、フライパンで両面をさっと焼くという方法も。お店で食べるような、特別な味わいになりますよ。 煮卵を半熟にするのが難しいのであれば、固茹ででも大丈夫です。上から卵黄を乗せて、見た目の鮮麗さをアップさせる方法もあります。いろいろと試してみましょう◎

特集

FEATURE CONTENTS