【調理法別】豚ももブロックの人気レシピ20選!チャーシューも角煮も◎

豚ももブロックは脂肪が少なく、ヘルシーに食べられると人気の部位。しかし、どんな料理に使えばよいか分からない方も多いのでは?今回は、豚ももブロックのレシピを調理法別にご紹介します。角煮やチャーシューなど、人気のメニューも多数ありますよ。

2018年11月8日 更新

豚ももブロックでボリュームレシピ!

ブロック肉は、ガッツリとお肉が食べたい時に活躍してくれますね。さまざまな部位がありますが、豚ももブロックはそのなかでも脂肪が少なく、比較的ヘルシーに食べられる人気の部位です。

今回は豚ももブロックで作れる、簡単でボリュームのあるレシピをまとめて一気にご紹介します。ローストポークやチャーシュー、豚の角煮など、知っておくとおもてなしにも使えるメニューが勢揃い!作り置き常備菜としても活躍してくれますよ。

豚もも肉はこんな料理におすすめ

豚ももブロック肉は、バラ肉や肩ロースと比べて脂肪が少ない赤身の部位です。低温でじっくり熱を通すと柔らかくなりますので、オーブンを使ったローストポークやチャーシューなどの料理に使うのがおすすめ。

また、好きな厚みにスライスして油で揚げれば、ヘルシーなとんかつのできあがりです。お肉に含まれる脂肪が気になる方は豚ももブロックを活用して、おいしくとんかつを食べましょう。

豚ももブロックの【焼き】レシピ6選

1. 焼豚チャーシュー

豚ももブロック肉で作る焼き豚は、切り分けてそのまま食べるのはもちろん、丼やおにぎりの具など、さまざまな料理に展開できる料理です。難しそうに見えますが、タレに漬けて焼くだけなので、手順は意外と簡単ですよ。

お肉を漬けたあとの漬けダレはお鍋で煮詰め、お肉に絡めるとおいしくいただけます。残った焼き豚は、このタレにつけて保存しましょう。

2. オーブンで作るももハム

豚ももブロック肉に調味料をもみこみ、オーブンで焼くだけで、おいしくてヘルシーなハムができます。そのまま食べるほか、薄切りにしてサンドイッチの具などにもオススメですよ。

焼いたあとは、アルミホイルと布で巻いて肉を休ませましょう。余熱でほどよく熱が通り、しっとりおいしいハムになります。切り分けるのは、冷めてからにしましょう。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう