ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

豚ヒレ肉でとっておきのご馳走を作ろう!

豚ヒレ肉は、豚肉の中でも赤身部分が多く、低カロリーなのがうれしい食材。ガッツリと肉を食べたいときでも、豚ヒレ肉を選べば上手にカロリーコントロールができます。

ここでは、豚ヒレ肉や豚ヒレブロック肉を使う人気レシピをご紹介します。ソテーや煮込みなどの定番メニューから、面白いアイデアを活かしたレシピまで、バリエーションはさまざま。きっと、特別な日のひと皿にぴったりなレシピが見つかりますよ。

豚ヒレ肉のカロリーは?

お肉料理を作るときに気になるのが、「カロリーはどのくらいなのか?」ということ。豚肉の中でも、ヒレ肉とほかの部位のカロリーを比べてみました。

生肉100gに対する、各部位のカロリーは以下の通りです。豚バラ肉と比較すると、豚ヒレ肉はカロリーが低いのがわかりますね。

豚ヒレ(赤肉):118kcal
豚肩(赤肉):114kcal
豚もも(赤肉):119kcal
豚ロース(赤肉):146kcal
豚肩ロース(赤肉):140kcal
豚バラ肉:366kcal
(※1,2,3,4,5,6)

定番!豚ヒレ肉のステーキ&ソテーレシピ5選

1. ご飯によく合う。肉厚ポークチャップ

甘いケチャップソースが絡む、豚ヒレ肉のポークチャップです。肉厚にカットした豚ヒレ肉は、ボリュームたっぷり。濃厚なソースとよく合い、ご飯がもりもり進みますよ。千切りキャベツと一緒にご飯の上にのせ、どんぶりにするのもおすすめ。10分で作れるお手軽さもうれしいですね。

2. 甘辛だれがよく絡む。豚ヒレ肉のやわらか照り焼き

和風に仕上げるなら、照り焼きにするのがおすすめ。豚ヒレ肉にひと手間かけることで、やわらかくなりますよ。片栗粉をまぶすと、照り焼きだれがよく絡みます。冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにもおすすめ。余熱でも火は入るため、焼きすぎないように注意してくださいね。

3. クセになる。豚ヒレ肉のジンジャーオニオンソテー

豚ヒレ肉を、しょうゆベースのジンジャーオニオンソースで焼くレシピです。豚ヒレ肉は繊維を断ち切る方向にカットし、包丁で叩くとやわらかく仕上がりますよ。ソースは混ぜ合わせるだけなので、作るのは簡単。しょうがの風味が食欲をそそり、玉ねぎの甘味が絡んで、箸が止まらなくなるかも。

4. お値打ちでおいしい。豚ヒレ肉のやわらかステーキ

ハレの日やおもてなしにぴったりな、豚ヒレ肉のステーキです。豚ヒレ肉はカットして、小麦粉をまぶして焼きましょう。両面を焼いたらソースをさっと肉に絡めると、しっとりやわらかく仕上がります。ソースはミキサーで混ぜるだけなので、とても簡単。牛脂で焼くと、よりステーキ感が増しますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ