定番から変わり種まで!お好み焼きのおすすめ具材20選

家庭でも手軽に作ることができるお好み焼きは、好きな具材を選ぶのも楽しみのひとつですよね。お好み焼きといえば豚肉やイカなど、おなじみの具材を思い浮かべる方が多いはず。今回は定番から変わり種まで、おすすめの具材を20品選びました!

お好み焼きの具材、何にしよう?

お好み焼きで好きな具材は何でしょう?お肉や海鮮系など、お好み焼き屋さんではたくさんのラインナップが待ち構えていて選ぶのも楽しみ。豚玉やイカ玉は昔から定番中の定番です。チーズやお餅の入ったお好み焼きや、洋風にアレンジされたお好み焼きもおいしいですよね。

お好み焼きは、好きな具材を選べます。そして、ひっくり返すところで見せ場がやってきたりと、なにかと楽しめる一家団らんやホームパーティーにもピッタリなメニューです。
好きな食材だけでなく、いつもは苦手な食べ物を入れてみてもいいですね。おなじみのソースとマヨネーズの味付けが効いて、意外とすんなり食べられてしまうかもしれません。

お好み焼きの生地に使われる食材は、作りたいときになければ、ご家庭によくあるもので簡単に代用できてしまいます。ぜひチェックしてみてくださいね。

定番の具材はもちろんのこと、作ってみたら合いそうという食材から、そもそもこれがお好み焼きに合うの?という変わり種の食材まで、いつもとはひと味違ったお好み焼きの具材をご紹介します!

定番中の定番の具材をチェック!

豚肉

肉の具材といえば豚肉がおなじみです。カリッと焼けたお肉は、お好み焼きの具材の中でも人気があります。豚バラは脂でコクを増して旨味アップに貢献!

キャベツ

お好み焼きの野菜といえば、やっぱりキャベツですよね。キャベツのシャキシャキ食感が、フワフワ生地と相性ぴったり!お好み焼きはたっぷりのキャベツが使われているので、意外とヘルシーなメニューでもあるんですよ。

天かす(揚げ玉)

小麦粉の生地に天かすの油分が加わることで、生地の旨味が増します。また、生地と混ぜることで中心の温度が上がりやすくなり、焦がさずにふっくら焼きあがるといわれています。

イカ・エビ

魚介類の中でも、イカとエビはお好み焼きの具材の定番です。お店に行くと、「イカ天」や「エビ玉」の名前でよく見かけます。魚介のエキスが生地と絡んでおいしいですよね。
▼エビは冷凍すれば長持ち!お好み焼きにも使いやすい!

「肉の具材」6種

豚肉以外で、これまでにない食感が楽しめるような、食べ応えたっぷりの肉の具材を見ていきましょう。

1. レバーの塩焼き

鉄分やビタミンを豊富に含むレバー。その独特の味が苦手な方も多いですよね。

そのままではちょっと抵抗がある方も、あらかじめ塩焼きにしておくことで、生臭さが抑えられているのでおすすめです。レバーが苦手な方やお子さんにも、ソースとマヨネーズの濃い目の味付けで、レバーの味がまろやかになって食べやすいのではないでしょうか。塩味がついているので、レバー好きの方にはもちろん味付けなしのそのままでも♩

2. ホルモン

B級グルメの常連でもあるホルモン焼きそばと同じように、粉モノ仲間のお好み焼きにも間違いなくホルモンは合いそうです。コラーゲンをたっぷり含んでいるのもうれしいポイント。

焼き肉のタレに漬けて下味を付けておいたホルモンを具材に使います。軽く油で炒めておいたものを、生地の上にのせて焼いていきます。甘辛いタレの味のしみ込んだホルモンのプリプリした食感は、これまでにない新鮮なアクセントになりますね。

3. 牛すじ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう