たこ焼き粉でお好み焼きを上手に作る!代用法&レシピまとめ

たこ焼きやお好み焼きを作る際の専用粉。どっちも常備されていることは少ないのでは?たこ焼き粉でお好み焼きは上手に焼けるでしょうか?お好み焼きが作りたいけど、たこ焼き粉しかない場合の対処の仕方をご紹介します!ふたつの違いには面白いことが……。

たこ焼き粉でお好み焼きはできる?

たこ焼きにお好み焼き、どちらもおいしい人気のメニューですよね。市販の専用の粉を使えばご自宅でも簡単にできるのは便利です。気の知れた仲間が集まる日などは、ピザもよいですが、みんなで作って楽しめる、たこ焼きやお好み焼きもいいですよね。

たこ焼きやお好み焼きの専用の粉、これらの違いをご存じですか?たこ焼きとお好み焼きは、具の差はあっても、食べると似た味わいがします。たこ焼き専用の粉でも、お好み焼きが作れそうですが……実際はどうなのか。

お好み焼き粉とたこ焼き粉の違い

それではさっそく、お好み焼き粉とたこ焼き粉にはどのような違いがあるのか見てみましょう。各メーカーによって違いはありますが、一般的な原材料についてご紹介したいと思います。

おこのみ焼き粉の一般的な原料

お好み焼き粉の一般的な原料は、小麦粉、糖類、食塩、かつおエキス、かつお節粉末、昆布粉末、ベーキングパウダー、増粘剤、などです。その他、かつお出汁と昆布出汁が含まれています。

たこ焼き粉の一般的な原料

一方、たこ焼き粉の一般的な原料は、小麦粉、糖類、食塩、粉末しょう油、かつおエキス、かつお節粉末、昆布粉末、ベーキングパウダー、増粘剤などです。

共通点と違う点

比較してみると、原料はかなり似ています。共通して小麦粉や砂糖などの糖類、食塩、かつおエキス、かつお節粉末、ベーキングパウダーがあります。

たこ焼き粉には粉末醤油が、お好み焼き粉には増粘剤が含まれていることが多いようですが、商品によっては、これらもそれぞれ含まれていることがあるので、2つの粉はかなり似ているといえるでしょう。大きな違いがない2つの粉はそれぞれに代用ができそうです。
▼小麦粉と薄力粉は使い分けられる??

たこ焼き粉で作る、お好み焼きレシピ

もしご自宅にたこ焼き粉があれば、お好み焼きは作れることがわかりました!たこ焼き粉を使う場合も、通常のお好み焼きの作り方で、おいしくできますよ。

たこ焼き粉に水と卵、キャベツなどの具材を混ぜ合わせます。生地の種ができたら熱した鉄板、またはフライパンで焼きましょう。片面に焼き色がついたら豚肉を上にのせ、裏返します。両面が焼けたら、ソースやマヨネーズ、青のり、かつお節などをお好みの量かけていただきます。

たこ焼き粉でチヂミ

たこ焼き粉はお好み焼きだけでなく、チヂミを作る際にも代用できます。自分で小麦粉と出し汁を合わせて作るよりも簡単に作れますね。

ボウルに入れたたこ焼き粉に卵と水を合わせて生地のタネを作ります。食べやすい大きさに切った具材を加え混ぜたら、ごま油を引いて熱したフライパンで両面をこんがり焼くだけ。コチュジャン、ニンニク、しょう油などを合わせたタレを用意すれば完成です。

お好み焼き粉の代用の仕方

特集

SPECIAL CONTENTS