キャベツの正しい洗い方、知ってる?…そもそも洗わなくていいらしい

食べる機会も多いキャベツ。みなさんは正しいキャベツの洗い方を知っていますか?何層にも重なった葉っぱをきれいに洗うのは大変。そもそもキャベツは洗わないといけないのでしょうか?キャベツは洗った方がよいのか、知らなかった食べ方が発見できるかも。

2017年5月26日 更新

ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

キャベツは洗う?洗わない?

私達の身近な野菜のひとつであるキャベツ。生のままサラダにしたり、千切りにしてトンカツの付け合わせにしたり、ひき肉を巻いてロールキャベツにしたりと、おいしい食べ方はがたくさんあります。いろいろなお料理に使えるキャベツは、野菜室に常備している方も多いはず。 そんなキャベツですが、皆さんは食べる前にキャベツをしっかりと洗ってから使いますか?それとも洗わない?洗わないと農薬や虫、土などの汚れが気になるという声がある一方、最近は技術も発達しており、衛生面でもそれほど神経質になる必要はないという意見を持っている方も多いよう。 果たして、キャベツは洗うのが正しいのか、また洗う場合はどのように洗うのがいいのか、その方法と理由をご紹介いたします。

外側を数枚剥がすだけでOK

結論から言いますと、キャベツは外側の固くて色の濃い葉を数枚剥がせば、洗わずに使っても問題ないそうです。 表面に見える数枚の葉には汚れやホコリがついているため、剥がして使う方がよく、気の利いたスーパーには、キャベツの表面の葉を棄てられるゴミ箱を設置しているお店もあります。表に見えている数枚の葉っぱを剥がしてしまえば、中の葉は洗わずに食べてしまっても大丈夫なのだそうですよ。

洗わなくても平気なのはなぜ?

「洗わなくても問題ない」と言われても、なんとなく気になる方もいらっしゃいますよね。なぜ、洗わなくても平気なのでしょうか。 キャベツという野菜は、発芽してからスーパーで見かけるあの大きさになるまで、内側の葉がどんどん大きく育っていきます。そのため、一番大きく育つ外側のはの内側は、農薬などにほとんど触れません。 とは言え、虫などが葉っぱを食べ進んで中に入っている可能性もあるので、気になる場合は内側の葉も洗って食べるとよいでしょう。

キャベツの洗い方

次にキャベツの効果的な洗い方についてご紹介いたします。これまで、何となくサッと水洗いしていたという方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

外側の葉は取り除く

まずは外側の葉を取り除きましょう。農薬などが残っている可能性があるのと、虫や土がついている可能性もあります。また、外側の葉は固くて食べにくいことも多いので、取り除いた方が、お料理に使いやすいですよ。

芯をくりぬいて洗う

キャベツを丸ごと使う場合や、一度にたくさん使う場合は、芯をくり抜いてから洗うのが効率的です。キャベツをひっくり返して芯の部分だけを包丁でくり抜き、その部分を水洗いすることによって、キャベツ全体を一気に洗うことができます。

特集

FEATURE CONTENTS