キャベツの正しい洗い方、知ってる?…そもそも洗わなくていいらしい

食べる機会も多いキャベツ。みなさんは正しいキャベツの洗い方を知っていますか?何層にも重なった葉っぱをきれいに洗うのは大変。そもそもキャベツは洗わないといけないのでしょうか?キャベツは洗った方がよいのか、知らなかった食べ方が発見できるかも。

キャベツは洗う?洗わない?

私達の身近な野菜のひとつであるキャベツ。生のままサラダにしたり、千切りにしてトンカツの付け合わせにしたり、ひき肉を巻いてロールキャベツにしたりと、おいしい食べ方はがたくさんあります。いろいろなお料理に使えるキャベツは、野菜室に常備している方も多いはず。

そんなキャベツですが、皆さんは食べる前にキャベツをしっかりと洗ってから使いますか?それとも洗わない?洗わないと農薬や虫、土などの汚れが気になるという声がある一方、最近は技術も発達しており、衛生面でもそれほど神経質になる必要はないという意見を持っている方も多いよう。

果たして、キャベツは洗うのが正しいのか、また洗う場合はどのように洗うのがいいのか、その方法と理由をご紹介いたします。

外側を数枚剥がすだけでOK

結論から言いますと、キャベツは外側の固くて色の濃い葉を数枚剥がせば、洗わずに使っても問題ないそうです。

表面に見える数枚の葉には汚れやホコリがついているため、剥がして使う方がよく、気の利いたスーパーには、キャベツの表面の葉を棄てられるゴミ箱を設置しているお店もあります。表に見えている数枚の葉っぱを剥がしてしまえば、中の葉は洗わずに食べてしまっても大丈夫なのだそうですよ。

洗わなくても平気なのはなぜ?

「洗わなくても問題ない」と言われても、なんとなく気になる方もいらっしゃいますよね。なぜ、洗わなくても平気なのでしょうか。

キャベツという野菜は、発芽してからスーパーで見かけるあの大きさになるまで、内側の葉がどんどん大きく育っていきます。そのため、一番大きく育つ外側のはの内側は、農薬などにほとんど触れません。

とは言え、虫などが葉っぱを食べ進んで中に入っている可能性もあるので、気になる場合は内側の葉も洗って食べるとよいでしょう。

キャベツの洗い方

次にキャベツの効果的な洗い方についてご紹介いたします。これまで、何となくサッと水洗いしていたという方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

外側の葉は取り除く

まずは外側の葉を取り除きましょう。農薬などが残っている可能性があるのと、虫や土がついている可能性もあります。また、外側の葉は固くて食べにくいことも多いので、取り除いた方が、お料理に使いやすいですよ。

芯をくりぬいて洗う

キャベツを丸ごと使う場合や、一度にたくさん使う場合は、芯をくり抜いてから洗うのが効率的です。キャベツをひっくり返して芯の部分だけを包丁でくり抜き、その部分を水洗いすることによって、キャベツ全体を一気に洗うことができます。

切る前に洗う

少量しか使わない場合は使う分だけを剥がして、洗ってから切りましょう。というのも、切ってから洗うと、キャベツの栄養成分が水に流れてしまうためです。キャベツに含まれる栄養素の多くは水溶性で、切り口から栄養が流れ出してしまうことがあるので、切る前に水洗いしましょう。

千切りキャベツの洗い方は?

キャベツを千切りにする場合も同じで、必要な分だけ剥がして洗ってから千切りにしましょう。剥がさずにキャベツを塊のままザクザクと切ってしまうのは、汚れなどが残っている可能性があることからお勧めできません。

もし農薬がどうしても気になる場合は、洗って千切りにしたキャベツを水にさらしていおくこと、残留している農薬を取り除けます。ですが、前述したように水にさらすと農薬だけでなく栄養成分も流れてしまいますので、短い時間で湯通しをして千切りにする方法もあります。

新鮮なキャベツの選び方

洗わずに食べてもよいと言われても、新鮮じゃないキャベツを口にするのは気が引けます。スーパーなどに並ぶキャベツの鮮度を見極めるポイントをご紹介。参考にしてみてくださいね。

・葉がみずみずしくつやのあるもの
・芯の切り口が変色していないもの
・重量感のあるもの
・カットされたキャベツの断面は隙間なくびっしりとしたもの

白菜もキャベツと同じ方法でOK!

キャベツと似た野菜の一つに白菜がありますが、白菜も同じように外側だけ洗えばOKな野菜だといいます。根本に土が付いていたり、汚れが気になる場合は、1枚ずつ剥がして軽く水洗いする程度で、農薬やほこりが口に入るのを防げるそうですよ。

ただし、それでも農薬が気になるという方は、重曹を使った洗い方がおすすめです。水で洗った白菜をボウルに入れ、ひとつまみの重曹を入れておきます。

しばらくすると、残留農薬が水面に浮き上がってきますので、全体を洗い流せば農薬を気にすることなく食べることができます。野菜を洗う際に使う重曹は、掃除などに使うものではなく、食用の重曹を使ってくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう