ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

キャベツの甘みがイイ!基本の「広島焼き」(調理時間:15分)

Photo by 大山磨紗美

地元で「豚玉そば」「肉玉そば」などと呼ばれる、広島焼き(広島風お好み焼き)の基本レシピをご紹介します。今回は、カセットコンロにセットした鉄板で作っていますが、ホットプレートや大きめのフライパンでも作ることができますよ!

材料(1枚分)

Photo by 大山磨紗美

広島焼の生地

・小麦粉……40g
・水……80cc

具材

・けずり粉(魚粉)……小さじ1杯
・キャベツ……1/4玉(150g)
・もやし……50g
・豚バラ肉(スライス)……2枚(60~70g)
・天かす……大さじ1杯(なくてもよい)
・焼きそば麺(蒸麺)……1袋
・塩、コショウ(焼きそば麺用)……少々
・卵……1個

仕上げ

・青のり……適量
・お好み焼きソース(中濃ソースや焼きそばソースで代用可)……お好みで

きれいに焼き上げるためのコツ

広島焼きは、クレープ状の生地の上に、千切りキャベツなどの具材を山盛りにのせ、ひっくり返す工程があります。材料が散らばりやすいので、きれいに焼き上げるふたつのコツを覚えましょう。

まず、慣れないうちは小さめに作ること。お店で食べる広島焼きの直径は15〜18cmくらいありますが、自宅で初めて作るときには12cm程度で作ると、ひっくり返しやすくなります。

また、ひっくり返すときは思いきりが大事。鉄板から落ちさえしなければ、キャベツが散らばっても大丈夫です!あとでリペアできますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS