ライター : ささき ゆい

野菜ソムリエ

保育士資格を取得後、保育園に就職し累計100人以上の子どもやお母さんと関わる。 保育士として勤務する傍ら野菜ソムリエの資格を取得。 子どもから大人まで心も体も元気になれるような…もっとみる

ゴーヤをおいしく食べるコツは下ごしらえ

ゴーヤといえば、苦いというイメージが強いのではないでしょうか。実はこの苦味の成分は「モモルデシン」といわれる抗酸化作用をもつ栄養成分のひとつで、特に人間の舌では苦味を感じやすいといわれています。

ゴーヤの苦味は下ごしらえがきちんとされていないと強く出たり食べづらくなってしまったりします。そのため、ゴーヤをおいしく食べるために下ごしらえはとても重要。簡単な下ごしらえ方法で苦味を抑えることができますよ。(※1)

下ごしらえなしで食べられるの?

ゴーヤの苦味を楽しみたいという人は下ごしらえなしでも食べることができます。油で加熱調理し、しっかりと味付けをするゴーヤチャンプルーがおすすめです。このときにゴーヤをなるべく薄く切ることで、苦味を和らげ、食べやすくなりますよ。

ゴーヤの下ごしらえ方法

1. ゴーヤを縦半分に切る

Photo by ささき ゆい

ゴーヤの両端を切り落とし、縦半分に切ります。

2. スプーンを使いワタを取り除く

Photo by ささき ゆい

スプーンですくい、軽くワタを取り除きます。

3. 薄切りにする

Photo by ささき ゆい

ゴーヤを薄く切ると苦味が抑えられます。

4. 塩・砂糖で揉む

Photo by ささき ゆい

ゴーヤ1本に対して塩小さじ1/2杯、砂糖小さじ1杯を加え軽く揉みこみ、10分ほど置きます。

編集部のおすすめ