ライター : 馬原 香織

料理家/料理教室主宰/調理師

「家族が喜ぶ、何度も使えるレシピ」をコンセプトにした料理教室を中心に、レシピ開発や料理ライターとして活動中。毎日の食卓が少しでも美味しく、楽しくなるようお手伝いしたいと思っ…もっとみる

苦味を取る下処理方法

Photo by 馬原 香織

1. ゴーヤのワタと種を除き、2~3mm幅にスライスします。

2. 塩をまぶして10分おき、さっとゆでて流水で洗いしっかり水気を切ります。

ゴーヤ をできるだけ薄くスライスすることと、塩もみをしっかりしてからゆでこぼすことで、ゴーヤの苦味が抑えられ子供も食べやすくなりますよ。

1. 苦くない!ゴーヤのベーコンチーズ焼き

Photo by 馬原 香織

調理時間:5分(下処理時間を除く)

子供に人気のベーコンとチーズの組み合わせにゴーヤもプラスして、香ばしく焼くレシピです。苦味を除いたゴーヤのシャキシャキ感がアクセントになり、子供も喜んで食べてくれますよ。

材料(4人分)

・下処理済みゴーヤ……1/2本
・ベーコン……2枚
・ピザ用チーズ……30g
・卵……2個
・油……適量

作り方

1. ベーコンは5mm幅に切り、ボウルに油以外の材料を混ぜ合わせます。

2. フライパンに油を熱し、5cmの大きさに広げて焼きます。

3. 表面がこんがり焼けたらひっくり返して、裏面も焼きます。

コツ・ポイント

ベーコンとチーズの旨味と塩気だけで味が決まるので、調味料を入れなくてOKです。そのままでも十分おいしく食べられますが、お好みでケチャップをつけてもおいしいですよ。チーズはとろけるタイプのものを使うことで、つなぎになり返しやすくなります。

2. 軽い食感!ゴーヤの唐揚げチップス

Photo by 馬原 香織

調理時間:10分(下処理時間を除く)

鶏肉の唐揚げのような下味をつけて、サクッと揚げた唐揚げ風のレシピです。しっかりした味付けと衣の軽くサクサクした食感で、苦味が感じにくくなりますよ。大人のおつまみにもぴったりのひと品です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ