37. チーズがとろ~り。甘辛肉味噌のチーズいももち

Photo by macaroni

調理時間:25分
甘辛い肉味噌が入ったいももちは、もちもち食感とチーズ&肉味噌の濃厚さがたまらないひと品です。手間がかかりそうなイメージですが、生地と肉味噌はレンジ調理でOK。焼きたてを頬張れば、チーズがとろりと溶けだします。

38. しっとりツヤツヤ。照り照りカマンベールいももち

Photo by macaroni

調理時間:20分
こちらは、クリーミーなカマンベールチーズを入れたいももち。生地に牛乳を加えることで、パサつかずしっとりした食感になります。三角形の見た目が楽しく、おやつやパーティーにも喜ばれそう。バターで表面をこんがり焼いたら、照りが出るまで甘辛いタレを絡めましょう。

39. 材料はじゃがいもだけ。カリカリホクホクガレット

Photo by macaroni

調理時間:15分
じゃがいもをバターで焼くだけのシンプルなガレットは、ワインのお供に食べたいひと品です。崩れにくいメークインを使い、水にさらさずに焼くのがポイント。多めのバターで焼いて香ばしく仕上げましょう。味付けはお塩だけなので、お好みでケチャップを添えてくださいね。

40. 甘辛ほくほく。新じゃがみたらし串

Photo by macaroni

調理時間:30分
見た目はまるでみたらし団子。小さな新じゃがは、レンジで火を通してから表面を焼くことで、中はホクホク外は香ばしい味わいに仕上がります。普通のじゃがいもで作るときは、皮をむいてからひと口大にカットして使いましょう。串に刺して盛り付ければ、片手でぱくっと食べられておつまみにぴったりですよ。

これでじゃがいもレシピに困らない!

じゃがいものお料理がいつもマンネリ化してしまう、という方は今回ご紹介したレシピを試してみてはいかがでしょうか?全部で40種類!これだけあれば、じゃがいもレシピに困ることはないはず。

ご紹介したじゃがいもメインのレシピは、大量消費したいときにぴったりです。一年中手に入りやすいじゃがいもを、いろんなお料理で味わいましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS