カナダ発祥の贅沢ポテト「プーティン」!作り方と東京で食べられるお店

カナダ発祥の「プーティン」をご存じですか。ポテトを使った料理で、食べだすと止まらなくなること必至メニューなんです。今回はプーティンについて、レシピと東京で食べられるお店もご紹介します。カロリーのことは気にせず、一度作ってみませんか?

2017年4月5日 更新

カナダ発!贅沢なフライドポテト「プーティン」

アメリカニューヨーク発祥の「スモア」や、ハワイ発祥の「マラサダ」など、ここ数年、日本は空前の海外フードブームです。

そんななか、カナダ発祥のフライドポテト「プーティン」をご存じですか。どこかエスニック料理を想像してしまいそうなそのネーミングですが、本場カナダでは50年以上も前から親しまれている人気フードなのだそうです。

いったいどのような食べ物なのでしょうか。

プーティンとは

プーティンとは、フライドポテトに肉汁から作られたグレイビーソースとチェダーチーズをたっぷりかけた、ファーストフードのような料理です。

なんだか聞くだけで高カロリーですが、間違いなくおいしそうですよね。

このプーティンは、1950年代にカナダのケベック州で誕生し、以降は地域や家庭によって多少味の違いはあるものの、カナダであれば誰しもが知っているファーストフードなのだそう。最近では、オシャレの聖地ともいえるニューヨーカーの間でもちょっとしたブームになっているようです。

そんなプーティン。日本ではまだあまり浸透していないようですが、フライドポテトにたっぷりチーズと聞くと、なんだか自分でも作れる気がしてきますよね。プーティンを自宅で作ることはできるのでしょうか。また、作る際は、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

プーティンの作り方

カロリーが高いことは分かっているけれど、見るからにおいしそうなプーティン。ただでさえおいしいポテトとお肉の組み合わせに、肉汁たっぷりのグレイビーソースとなれば、合わないわけはないですよね。

ですが、自宅でもそんなにおいしく作れるものなのでしょうか。もちろん、ベースのフライドポテトをファーストフード店でテイクアウトしたり、コンビニのホットフードを使えばより簡単にできるのですが、せっかくなので今回はフライドポテトから作る自家製プーティンの作り方をご紹介したいと思います。

材料

・ジャガイモ……6個
・植物性油……適量
・チェダーチーズ……適量
・グレイビーソース……1缶
・塩、コショウ、ケチャップ ……適量
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう