がっつり派?ヘルシー派?「餃子」に合う献立レシピ案6選

「今日の夕飯は餃子にしよう!」そこで悩むのが、合わせるおかずですよね。今回は餃子の日の献立案を6つご紹介します。がっつり系からヘルシーに食べられるもの、さらには子供向けのメニューまであるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2018年5月25日 更新

どんなおかずが餃子に合う?

大人も子どもも大好きな餃子。しかし、餃子メインの日は副菜に何を作ったらいいか、チョイスに悩みますよね。

どんなシーンで作るかということも考慮したいですが、基本的にはさっぱりとしていて口直しになるようなおかずが、餃子には合います。サラダやスープといった料理は、口の中をリセットするためにも入れておきたいですね。

1. ボリューム大!がっつり中華献立

メインの餃子は中華料理。副菜やサラダ、スープも中華料理でそろえると、味の組み合わせにハズレがありません。ボリュームたっぷりのおかずで、がっつり食べられる献立にしました。食べ盛りの家族がいる食卓に、ぜひこちらの中華献立をどうぞ。

【副菜】焼き鶏でレバニラ

肉の入ったがっつり系の炒めものと餃子は、相性抜群。レバーの処理に手間がかかるレバニラ炒めを、焼鳥の串を使って簡単に作れるレシピです。あらかじめ味付けもされているので、安心ですね。

焼き鳥にすでに火が通っているので、あまり長く炒めすぎないようにするのがおいしく作るコツですよ。

【サラダ】中華風トマトサラダ

トマトのフレッシュな酸味と、ザーサイの歯ごたえ、大葉とネギの風味が餃子にぴったりのサラダです。ソースとトマトのカットを先に終わらせておき、冷蔵庫へ。ほかのおかずの準備が終わったら、食べる直前に盛り付けてソースをかけましょう。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう