ライター : 長曽我部 真未

管理栄養士

学校給食の栄養士として勤務後、食の大切さや楽しさを伝えたいとの想いでフードユニット『ランネ』を結成。熊本のちいさなアトリエで栄養バランスを考えたおいしくオシャレな食卓を提案…もっとみる

1. 簡単&人気!もつ鍋風餃子鍋のレシピ

もつ鍋のもつの代わりに、餃子を入れたもつ鍋風の餃子鍋です。作り方は簡単で、鍋にスープを入れてキャベツを敷き、餃子を並べてもやしとニラをたっぷり入れたら火にかけるだけ!餃子は、冷凍の場合もそのまま使えるがうれしいですね。

おすすめの具材

簡単に使えて便利なのは、えのきです。スープがよく絡みます。長ねぎはもつ鍋風のスープで煮ると、とろっと甘みが引き立っておいしくなりますよ。ごぼうもおすすめです。薄切りやささがきにして入れると、うまみがしっかりと出て、コクのあるスープに仕上がります。

おすすめのしめ

もつ鍋と同じように、ちゃんぽんめんがおすすめです。濃厚なスープと絡む麺は最高のおいしさで、お箸もどんどん進みます。もつ鍋の本場博多では、しめのちゃんぽんめんと一緒に、すりごまをたっぷり入れて食べるそうですよ。ぜひ試してみたいですね。

2. ピリ辛にやみつき!キムチ餃子鍋のレシピ

野菜やだしのうまみの中に、ピリッとした辛さがやみつきになるキムチ鍋にも、餃子がぴったり合うんです。手作りの餃子にはれんこんが入っていて、シャキシャキとした食感も楽しめます。スタミナ満点なので、元気が出ること間違いなしの鍋ですよ。

おすすめの具材

おすすめNo.1は、白菜です。味が染みたしんなりとしたキムチの白菜と、みずみずしいシャキシャキの白菜。どちらも外せないおいしさです。 ほかには、大根やお麩もおすすめ。大根は、味が染み込んだ大根を千切りやピーラーでひらひらにすると、シャキシャキ食感とスープの味が良く絡みます。厚めにする場合は、下ゆでをしたり電子レンジで加熱しておくと、早く火が通りますよ。

おすすめのしめ

定番は中華麺ですが、春雨もおすすめですよ。お野菜や餃子のうまみがしっかりと出ているキムチ鍋のスープを、春雨がぎゅっと吸い込んで、たまらないおいしさです。中華麺よりもさらっと食べられるので、暑い夏にぴったりですね。

特集

FEATURE CONTENTS