もっちりシャキうま!飛び出る豆苗餃子鍋!

20 分

豆苗ってメインになりにくい…そんなときはクルクル巻いて、お鍋にポイポイポイッ!炒めもののシャキシャキ食感も魅力だけど、お鍋の具材としてもおすすめですよ。餃子の皮で巻くのでツルツルっといけちゃいます♩

ライター : macaroni_channel

macaroniの公式動画アカウントです。トレンドや時短・スイーツ・あっと驚くアイデア料理や、ナプキンやフォークなどのアイテムを使ったハウツー、料理がもっと楽しくなる便利なキッチン…もっとみる

材料

(2〜3人分)

作り方

1

豆苗は根を切り落とし、よく水洗いして水気をきり、葉の部分2センチ幅に、残りの茎部分は1センチ程度に細かくカットします。

2

生ハムは餃子の皮に入るようにカットします。

3

餃子の皮の中心より少し下に生ハム、細かく刻んだ豆苗の茎部分とチーズを乗せます。

4

皮の外周を水で湿らせて、春巻きを巻くように下、両端の順番で皮を折り、豆苗の葉の部分を皮から飛び出るように乗せて、残りの皮の部分を巻いて包みます。

5

お鍋に水、鶏がらスープの素、塩こしょうを入れて混ぜ合わせ、外側から白菜→豚バラ→白菜→しめじの順に層にして具材を並べます。(真ん中には豆苗餃子を入れますので、スペースを空けておきます。)

6

強火で加熱して、スープがぐつぐつとしてきたら、豆苗餃子を入れてフタをして3分~5分ほど煮込みます。餃子の皮に火が通る直前に、ミニトマトを入れてひと煮立ちさせれば完成です。!

コツ・ポイント

コスパがよくて栄養価も高い豆苗ですが、炒め物やナムルなどレシピがマンネリ化しやすいので、そんな時は餃子の皮で包んでお鍋でどうぞ! シャキシャキ感を残したほうがおいしいので、煮込みすぎには注意してくださいね!残った根と豆は清潔な容器に移し、水道水に浸しておくと新しい芽が生えてくるので 毎日水を取り替えきちんと育てると再収穫できるの是非活用してください!
▼コスパ満点でいろんな料理に大活躍!「豆苗」を使ったレシピをチェック

特集

FEATURE CONTENTS