ライター : TAGLITONE

グルメライター/バーライター

餃子のタネの使い道はたくさんある…!

※画像はイメージです
子どもにも大人にも大人気の中華料理「餃子」。手作りのおいしさは格別ですよね。しかし、餃子の皮とタネの分量がちょうどよくいかないことも多いのでは?

そこでこの記事では、餃子のタネのリメイクレシピをご紹介します。「こんな使い道があったのか……」と目からウロコのレシピばかりですよ♪

【中華風】餃子のタネの簡単人気リメイクレシピ8選

1. こんがり焼いて。サクサクきつね餃子

Photo by macaroni

まずは餃子の皮がなくなってしまった!というときにおすすめな、油揚げを使う餃子です。袋状にした油揚げに、餃子のタネを詰めればOK。フライパンで焼くと、サクサクした油揚げの食感がジューシーな肉ダネにマッチしておいしいですよ。

2. ヘルシーに。大根餃子

Photo by macaroni

餃子の皮の代わりに大根を使う餃子です。大根の太い部分をスライサーで薄く切り、塩を振って水分を抜いてから使います。大根の甘みが感じられて、ヘルシーに食べられますよ。皮が足りなくなってしまったら、大根で包んでみませんか?

3. ボリュームたっぷり。餃子のタネの肉団子スープ

餃子のタネと野菜を、鶏ガラスープで煮れば、簡単肉団子スープのできあがり。餃子のタネに下味がついているので、調味料は控えめでも十分ですよ。仕上げに溶き卵を加えて、ふわふわに仕上げましょう。

4. 甘酸っぱさをプラス。餃子のタネとトマトの炒め物

にんにくじょうゆの濃いめの味付けが、トマトの甘さを引き立て、ごはんのおかずにぴったり。餃子のタネは粗めに崩すと食感を楽しめますよ。あっという間に作れるので、あとひと品欲しいときに便利です。

5. アレンジしやすい!餃子のタネの麻婆春雨

ひき肉で作る麻婆春雨を、餃子のタネでアレンジしましょう。一般的な餃子のタネにはしょうがやにんにくが入っているので、香味野菜不要。主菜にも主食にもなるため、リメイクとは思えないほどの満足感がありますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ