【中華風】餃子のタネの人気リメイクレシピ7選

1. こんがり焼いてサクサク食感。きつね餃子

Photo by macaroni

まずは餃子の皮がなくなってしまった!というときにおすすめな、油揚げを使った餃子です。油揚げを油抜きして袋状にして、餃子のタネを詰めればOK!フライパンで焼くと、サクサクした油揚げの食感がジューシーな肉ダネにマッチしておいしいですよ。

2. ヘルシーに食べられる、大根餃子

Photo by macaroni

こちらも、皮がなくても作れる餃子レシピ。餃子の皮に大根を使った大根餃子です。大根の太い部分をスライサーで薄く切って、塩を振って水分を抜いてから使っています。大根の甘みが感じられて、ヘルシーに食べられますよ。

3. ボリュームたっぷり。肉団子スープ

餃子のタネのリメイクといえば、肉団子スープが定番ですね。野菜が入った鶏がらスープにスプーンで入れれば、肉団子スープのできあがり。仕上げに溶き卵を加えて、ふわふわに仕上げています。ボリュームたっぷりで食べごたえがあり、体も温まりますよ。

4. お手軽リメイク♪ トマトとひき肉の炒め物

お手軽にリメイクするなら、炒め物がおすすめです。こちらはトマトとひき肉の炒め物。しっかり味の濃いめの味付けがトマトの甘さを引き立て、ご飯のおかずにぴったりですよ。あっという間に作れるので、あとひと品欲しいときにも便利!

5. 豆腐でもなすでもOK!マーボー春雨

餃子のタネを使ったマーボー春雨です。作り方は普通のマーボー春雨と同じ。ひき肉のところに餃子のタネを使えばOKです。餃子のタネにしょうがやにんにくが入っているので、考慮して味付けしましょう。春雨が入るとどうしても水っぽくなるので、濃いめの味付けにするとおいしく仕上がりますよ。

6. ご飯と炒めて。パラパラひき肉チャーハン

餃子のタネは、ご飯と炒めればチャーハンになります。ポイントは餃子のタネをパラパラになるまでよく炒めること。丁寧に炒めれば、チャーハンがおいしく仕上がります。 餃子のタネに下味が付いているので、チャーハンの味付けは味を見ながら調整しましょう。「餃子の残り」といった感じがないのもいいですね。

特集

FEATURE CONTENTS