6. ご飯と炒めて。パラパラひき肉チャーハン

餃子のタネは、ご飯と炒めればチャーハンになります。ポイントは餃子のタネをパラパラになるまでよく炒めること。丁寧に炒めれば、チャーハンがおいしく仕上がります。 餃子のタネに下味が付いているので、チャーハンの味付けは味を見ながら調整しましょう。「餃子の残り」といった感じがないのもいいですね。

7. 濃厚な肉味噌が麺に絡む、ジャージャー麺

こちらは餃子のタネに根菜やきのこを加えて肉味噌を作り、麺にかけたジャージャー麺です。具材を炒めて豆板醤や甜面醤、オイスターソースで味付けしています。とろみのある濃厚な肉味噌が、中華麺によく絡みますよ。家にあるものをうまく使っていて、餃子のタネだったとは思えない仕上がり!

【和風】餃子のタネの人気リメイクレシピ5選

8. 和風のあんをかけて。れんこんのはさみ揚げ

下味が付いている餃子のタネを使うと、時短で作ることができますよ。こちらはれんこんのはさみ揚げにリメイクしていて、れんこんの水煮を使えばもっと早く作ることもできます。 酸味の効いた和風あんをかければ、お店で食べるようなひと品に。これを作りたいために、あらかじめ餃子のタネを多めに作っておくのもいいかも。

9. 常備菜にも。ご飯にかける餃子そぼろ

Photo by macaroni

白いご飯のお供にぴったりな、餃子そぼろです。餃子のタネを使うので、崩しながら炒めればいいですよ。しょうゆとオイスターソースで味付けすれば、餃子味のするそぼろのできあがり。 このままご飯にかけるだけでなく、豆腐やサラダにかけたり料理にも使えるので、常備菜として活躍しますよ。

10. 和風あんがとろり。ふわふわ豆腐ハンバーグ

餃子のタネに豆腐を足して、豆腐ハンバーグにしています。餃子のタネがあまり残らなかったときにも、お豆腐でかさ増しすればいいんです。ふわふわに仕上がるし、和風あんをかければ餃子の残りといった感じもしませんよ。洋食のハンバーグと違って、炒め玉ねぎを作る手間もありません。

11. 白いご飯がすすむ♪ 餃子のタネを詰めた油揚げ包み煮込み

餃子のタネを油揚げに入れるレシピはよくありますが、それを焼くのではなく和風だしで煮た「油揚げ包み煮込み」です。甘辛い味付けで煮込んでいて、餃子のタネと油揚げからジューシーな旨みがたっぷり。濃いめの味付けで、白いご飯とよく合いますよ。和風の煮込みになるなんて驚きますよね。

編集部のおすすめ