「餃子の基本の包み方」簡単テク!かわいくアレンジするコツは?

みなさん、餃子はいつもどのようにして包んでいますか?今回は、初心者さんでも分かりやすくコツを説明した基本の包み方から、簡単なのにかわいいフォトジェニックな包み方まで、いろんな餃子の包み方をご紹介!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

バリエーション豊富!餃子の包み方

お店で食べる餃子もおいしいけど、手作り餃子は自分の好みの味付けにしたり、好きな具材を入れたり、外では食べられない安心できる家庭の味がしますよね。
でも餃子を包むのって、結構大変な作業。不器用さんや料理初心者の方にとっては、敬遠しがちではないでしょうか。

そこで今回は初心者さんでも簡単に包める方法や、いつもとは違うちょっと変わった包み方、もちろんいつもの定番、基本の包み方まで、さまざまなバリエーションの包み方をご紹介します。

基本となる餃子の包み方

基本となる餃子の包み方

Photo by TAMA39

餃子といえば何といってもこの形。定番の基本の形はじつは慣れるととっても簡単なんです。たくさん作るからこそ、しっかりと覚えておきたい包み方ですね。
少しのコツとポイントさえしっかりと押さえておけば、誰でも簡単にマスターすることができるはず。不器用さんも包めるようわかりやすくご説明します。

包み方

1. 手のひらに餃子の皮をのせ、小さじ1強の餃子のタネをのせ、皮の周りにぐるっと指で水を付けます。
餃子の皮にタネをのせた様子

Photo by TAMA39

2. 半分に折るように親指ひとつ分しっかりとつまみ、その親指に被せるようにまずひとつヒダを作ります。
餃子の皮にひだをつけている様子

Photo by TAMA39

3. ヒダを親指でしっかりと押さえ、また同じようにヒダを作ります。
餃子の皮にひだをつけている様子

Photo by TAMA39

4. 同じように親指をずらしながらしっかりとヒダを押さえ、被せるようにヒダを作ります。
餃子の皮にひだをつけている様子

Photo by TAMA39

5. 同じ作業を5回繰り返して、最後に皮が開かないようにヒダの部分をぎゅっぎゅとくっつけるように押さえてできあがりです。
餃子の皮にひだをつけている様子

Photo by TAMA39

包むときのコツ・ポイント

包むタネは気持ち少なめに

写真の通り、包むタネは少なめの方がきれいに包めます。包む皮の大きさにもよりますが、スーパーなどで売っている一般的な餃子の皮のサイズだと、小さじ1杯強ほどの量がちょうどいいでしょう。
また、焼くときにタネがはみ出ないようにするためにも、「少し少ないかな?」と思うくらいで包むことをおすすめします。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

keiko39

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう