ライター : TAMA39

「笑う門には福来る」をモットーに日々奮闘中。。。の主婦です。全国のオシャレなCaféやグルメの旅に出るのが夢です(^.^)宜しくお願いしますm(__)m

バリエーション豊富。餃子の包み方

お店で食べる餃子もおいしいけど、手作り餃子は自分好みの味付けにしたり、好きな具材を入れたりできるのがうれしいですね。でも、餃子を包むのは結構大変な作業……と、不器用さんや料理初心者の方は、敬遠しがちではないでしょうか。

そこで、初心者さんでも簡単に包める方法や、いつもとは違うちょっと変わった包み方をご紹介します。さまざまなバリエーションの包み方を参考に、ぜひ手作り餃子にチャレンジしてみましょう。

定番。基本の餃子の包み方

Photo by TAMA39

餃子といえば、ヒダがたくさん付いた形が定番ですよね。基本の包み方は、実は慣れるととっても簡単。多く作るからこそ、しっかりと覚えておきたい包み方です。少しのコツとポイントさえしっかりと押さえておけば、誰でも簡単にマスターすることができるはず。きっとあなたも、餃子作りが得意になりますよ。

包み方

1. 餃子の皮にタネをのせる

Photo by TAMA39

手のひらに餃子の皮をのせ、その上に小さじ1杯強の餃子のタネをのせます。皮のまわりにぐるっと指で水を付けます。

2. ヒダを作る

Photo by TAMA39

半分に折るように親指ひとつ分しっかりとつまみ、その親指に被せるようにひとつヒダを作ります。

3. 次のヒダを作る

Photo by TAMA39

同じように親指をずらしながらしっかりとヒダを押さえ、被せるようにヒダを作ります。

4. 2と3を繰り返す

Photo by TAMA39

23の作業を5回繰り返します。最後に皮が開かないように、ヒダの部分をぎゅっぎゅとくっつけるように押さえます。

編集部のおすすめ