ライター : TAMA39

「笑う門には福来る」をモットーに日々奮闘中。。。の主婦です。全国のオシャレなCaféやグルメの旅に出るのが夢です(^.^)宜しくお願いしますm(__)m

バリエーション豊富!餃子の包み方

お店で食べる餃子もおいしいけど、手作り餃子は自分の好みの味付けにしたり、好きな具材を入れたり、外では食べられない安心できる家庭の味がしますよね。
でも餃子を包むのって、結構大変な作業。不器用さんや料理初心者の方にとっては、敬遠しがちではないでしょうか。 そこで今回は初心者さんでも簡単に包める方法や、いつもとは違うちょっと変わった包み方、もちろんいつもの定番、基本の包み方まで、さまざまなバリエーションの包み方をご紹介します。

基本となる餃子の包み方

Photo by TAMA39

餃子といえば何といってもこの形。定番の基本の形はじつは慣れるととっても簡単なんです。たくさん作るからこそ、しっかりと覚えておきたい包み方ですね。
少しのコツとポイントさえしっかりと押さえておけば、誰でも簡単にマスターすることができるはず。不器用さんも包めるようわかりやすくご説明します。

包み方

Photo by TAMA39

1. 手のひらに餃子の皮をのせ、小さじ1強の餃子のタネをのせ、皮の周りにぐるっと指で水を付けます。

Photo by TAMA39

2. 半分に折るように親指ひとつ分しっかりとつまみ、その親指に被せるようにまずひとつヒダを作ります。

Photo by 餃子の皮にひだをつけている様子

3. 同じように親指をずらしながらしっかりとヒダを押さえ、被せるようにヒダを作ります。

Photo by TAMA39

4. 同じ作業を5回繰り返して、最後に皮が開かないようにヒダの部分をぎゅっぎゅとくっつけるように押さえてできあがりです。

包むときのコツ・ポイント

包むタネは気持ち少なめに

写真の通り、包むタネは少なめの方がきれいに包めます。包む皮の大きさにもよりますが、スーパーなどで売っている一般的な餃子の皮のサイズだと、小さじ1杯強ほどの量がちょうどいいでしょう。
また、焼くときにタネがはみ出ないようにするためにも、「少し少ないかな?」と思うくらいで包むことをおすすめします。

タネをのせるときはバターナイフで

小さじ1杯強の量は、バターナイフでのせるとちょうどよく仕上がります。取りやすく、皮に塗るようにのせられますよ。餃子ヘラという道具もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。
スプーンでもいいのですが、皮にのせるときにスプーンのくぼみの部分がなかなか取れず、皮で取ろうとすると破けてしまうなど、少しやりづらくなります。

ITEM

佐藤金属興業 餃子ヘラ

¥540

サイズ:207×25mm 本体重量:約32g 材質:ステンレス

※2018年7月4日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

ヒダは5つがちょうどいい

基本の餃子の写真の通り、ヒダを5つ作ると見た目にもきれいに仕上がります。もちろんヒダの数が多くてもきれいですが、初心者さんが安定してきれいに仕上げるには5つがちょうどいいです。
すこし大きめにヒダを作ると、ちょうど5つのヒダをきれいに仕上げることができますので、おすすめです。親指の幅を使えば、バランスのいいヒダをつくれるはずです。

特集

FEATURE CONTENTS