ローディング中

Loading...

中途半端に余ってしまった餃子の皮の正しい保存方法をご紹介します。実は冷蔵ではなく、冷凍保存が正解なんです!冷蔵保存している方も多いかと思いますが、すぐ乾燥してしまうんです!併せて解凍方法と餃子の皮を使ったアレンジレシピもご紹介しますね♩

餃子の皮、余っちゃった…

スーパーなどに行くと、春巻きの皮とともにお肉コーナーの隅に並べられていることが多い餃子の皮。数十枚単位で売られていることがほとんどなため、自宅で餃子の皮を使った際、中途半端に余ってしまうことってありますよね。

そのうち何かに使えるかなと、そのまま冷蔵庫で保存していたら、あっという間に皮の端の部分が乾燥してしまって使い物にならなくなり、結局次回餃子を作る際に新しく購入してまた少し余らせて……の繰り返し。

ですが、余った餃子の皮は冷凍保存できることをご存じでしたか。すぐに使う予定がない場合はとりあえず冷凍で保存しておきましょう。そうすれば、その都度餃子の皮を購入する必要がなく、また急に何かひと品作りたくなった場合も使えるのでおすすめです。

それでは、次に餃子の皮の冷凍保存方法をご紹介いたします。

餃子の皮の冷凍保存方法

開封前の餃子の皮であればそのまま袋ごと冷凍することができますが、一度解凍したものの場合は再冷凍になってしまうため、その際は小分けにして冷凍することをおすすめします。また、餃子の皮は冷凍すると皮が割れやすくなりますので、取り扱いには注意してくださいね。

準備するもの

・餃子の皮
・食品用ラップあるいはクッキングシート
・ジップロックなどの冷凍保存用袋

保存方法手順

1. 餃子の皮の間にラップかクッキングシートを1枚ずつ挟みます。未開封のもの、開封済のもの含めてそのまま袋ごと冷凍庫へ入れるという方法もありますが、1枚ずつ分けておいた方が解凍した際にくっつきにくく、料理をする際も使いたい分だけサッと使えるのでおすすめです。

2. ジップ付きの保存用袋に入れます。

3. 保存袋ごと冷凍庫へ入れます。このとき、ほかの冷凍品同様に、なるべく袋の中の空気を抜くように注意しましょう。また、霜がつくと解凍時のべたつきの原因にもなりますので注意してくださいね。

1枚ずつラップかクッキングシートを挟むという手間があるものの、このように保存しておけば、いざ餃子の皮を使おうというときに使いたい分だけ使えるのでとても便利です。その都度スーパーで購入しなくてもよいため、経済的にもよいですよね。そんな冷凍保存した餃子の皮ですが、どれぐらい日持ちするのでしょうか。

保存期間はどれぐらい?

冷凍保存した餃子の皮の賞味期限は約1ヶ月と言われています。いくら冷凍しているとはいえ、やはり日を追うごとに鮮度は落ちていってしまいます。餃子の皮は餃子以外にもワンタンにしてスープに入れたり、揚げておつまみにしていたりなど、活用方法もたくさんありますので、なるべく早めに使ってしまいたいですね。

解凍するときの方法

冷凍保存しておいた餃子の皮を解凍する際は、冷蔵庫に移して自然解凍させましょう。前日のうちに冷凍庫から冷蔵庫へと移動させておけば余裕を持って解凍できるのでおすすめです。室温での解凍もできますが、生地が水っぽくなりやすく、せっかくのお料理の味を台無しにしてしまう可能性がありますので、やはり冷蔵庫での自然解凍がよいでしょう。

間違っても電子レンジで解凍しないよう注意してくださいね。餃子の皮に必要な水分まで抜けてしまい、風味が損なわれてしまいます。急激な温度変化による解凍方法は、餃子の皮の劣化を招きます。水っぽくなり、食べたときにべちゃっとした食感になってしまいますので、なるべく緩やかに解凍するようにしましょう。

うっかり前日のうちに冷蔵庫へ移すのを忘れてしまい、すぐに使いたいけれどまだ凍っている!という場合は1枚ずつ手のひらで温めると使いやすくなるようですので、試してみてくださいね。

冷凍した餃子の皮を使ったレシピ5選

冷凍しておいた餃子の皮をそろそろ使いたいけれど、餃子ばかりでは飽きてしまうし、中のタネを準備するのが大変……。そんなときにおすすめの餃子の皮を使ったアレンジレシピをご紹介します。余った餃子の皮も、ひと手間加えるだけでオシャレなカフェごはんや、お酒の肴に変身しますよ!

1. グリーンピースキッシュ

餃子の皮のパリパリとした食感が楽しめる、見た目もかわいらしいキッシュです。玉ねぎ、ベーコン、グリンピースは軽く炒めておきます。マフィン型に餃子の皮を敷き、先ほどの具材と溶き卵、牛乳、塩こしょうをいれて上に溶けるチーズをトッピングします。200℃のオーブンで20分焼けばできあがり。

なるべく餃子の皮がマフィン型から浮かないように、ぴったりと貼り付けると仕上がりがきれいになりますよ。

2. 簡単ラザニア

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

まろやかで豊かな香りが人気の「ごまドレッシング」。今回は、基本のごまドレッシングの作り方とアレンジレシピ6選、活用レシピ3選をご紹介します!手作りのごまドレッシングで、野菜をもっとおいしく食べてみましょう!

さつまいも

甘くておいしいさつまいも。さつまいもの正しい保存方法を知っていますか。さつまいもの保存は洗わないことが長持ちの秘訣です。そのままの保存や冷凍保存方法、カットしたものはどうしたら?など、旬のさつまいもをぐっと長…

レシピ

食べると幸せを感じる、ジューシーな「揚げ出しなす」。今回は、基本のレシピや上手に作れる秘密のコツをご紹介します。一度覚えればとっても簡単に作れるので、揚げ物はちょっと苦手……という方も、ぜひチェックしてみてく…

レシピ

映画館やディズニーランドなどで人気の「キャラメルポップコーン」を自宅で作ってみませんか?市販のポップコーンに混ぜるだけのものや豆から作るもの、ちょい足しするとおいしいレシピをご紹介。レンジで簡単にできるものも…

レシピ 豚肉 肉料理 まとめ

コリコリした歯ごたえと骨まわりの柔らかさが特徴の「豚軟骨」。調理法がわからず買ったことがなかったという方も多いのでは?今回は、豚軟骨を味わいつくす人気レシピを厳選してご紹介。煮込みや炒め物のほか、子どもが喜ぶ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カクテル レシピ まとめ

カクテルは名前を見ても見当が付かないものがチラホラあると思いませんか?「カシスオレンジ」ならカシスとオレンジ。「カンパリソーダ」だったらカンパリとソーダ。とすぐわかるのですが、問題は「モスコミュール」や「スプ…

レシピ 豆腐 グラタン まとめ

夕食はきちんと摂りたいけれど、夜遅い時はカロリーが気になりますよね。女性に人気のアノ食材が簡単ヘルシーで食べ応えあるメニューに変身するんです!それは『豆腐グラタン』♡ 冷蔵庫の残り物も一緒に使えば一石二鳥◎ …

フルーツ グラタン まとめ

フルーツ大好きだけど冷えが気になる…そんなあなたにおすすめのフルーツグラタンレシピをご紹介します。甘酸っぱくて幸せな香りに包まれる至極のひと時♪めんどくさがりな人にも簡単に作れるレシピから、本格的なレシピまで…

韓国料理 韓国 まとめ レシピ

韓国風のタレ、パジャンって知っていますか?「パ」は韓国語でネギ、「ジャン」が醤油を意味するんだとか。醤油ベースで薬味を入れたタレなんだそうです。これがいろんな料理に合うので便利ですよ!そんなレシピをご紹介しま…

レシピ まとめ ハンバーガー

レシピブログで大人気ののんたんママさんが考案したモスバーガーそっくりレシピを紹介します。バンズからパティ、ミートソースと作って最終的にモスバーガーそっくりさんがおうちで楽しめますよ♪テリヤキバーガーとフィッシ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る