冷蔵OK?保存期間は?餃子の上手な保存方法でおいしさを維持!

つい作りすぎてしまう餃子。出来立てもよいですが、残った分は先のことを考えると冷凍保存しておくといざという時便利です。今回は、保存方法のコツや冷凍餃子をおいしく焼く焼き方、活用法など、冷凍した餃子でもおいしく食べられるレシピをご紹介します。

餃子を作りすぎたら「手作り冷凍餃子」に!

たっぷりのニラを入れたり、少し生姜を効かせてみたり、カリッと焼いた餃子は子供から大人までみんな大好きな人気メニューですよね。ですが、家庭で餃子を作るとついつい作りすぎてしまうことってありませんか。無理に食べきろうとしても限界がありますし、中途半端に皮やタネを余らせておくのも面倒……。そんな時は冷凍餃子にして保存してしまいましょう!
冷凍することで、冷蔵よりも保存可能期間が長くなり、いざという時にサッと使えるためおすすめです。今回は、そんな冷凍餃子の保存のコツや活用方法をご紹介します。

金属トレーで急速冷凍がベスト

餃子を冷凍するなら金属トレーを使用するのがベストです。これならば、餃子どうしがくっつく心配がありません。また、金属トレーであれば熱伝導率が高いのでキッチリ冷凍できます。この金属トレーを使うことにより省エネ効果も期待できます。プラスチックや陶器などでは急速冷凍はできませんから、金属トレーこそがなせる技ですね。
冷凍はキッチリ、冷蔵は、ゆっくりこれが基本です。冷凍保存が完了したら、できるだけ金属トレーから餃子を取り除いて、ある程度の個数で小分けして食べる分量ごとに冷凍庫から取り出すようにしましょう。これで、食べたいときにいつでも取り出して食べることができます。
もし金属トレーが無い場合には、アルミホイルを金属トレーの代わりにして使うこともできますのでおすすめです。アルミホイルを金属トレーの代わりにするときは、発砲スチロールを台に使い、その上にアルミホイルを敷いて餃子をのせ、その上にまたアルミホイルをのせればよいでしょう。
これで金属トレーとほぼ同一の効果が期待できます。省エネ効果と冷凍効果が期待できますよ。アルミホイルは劣化が早いので、何日も冷凍庫の中に入れておくのはおすすめではありません。冷凍ができたらすぐ捨てるように心がけましょう。カチカチに完全に餃子が冷凍されたら、フリーザーバッグなどに入れて小分けにして保存するようにしてくださいね。

焼いた餃子を冷凍保存するコツ

焼いた餃子は常温では数分、数時間程度なら問題ないですが、半日以上食べずに保存する場合には冷凍するのがよさそうです。 餃子を焼いた後は、粗熱をとるために数分常温で置いておきましょう。

用意するもの

・金属トレイ
・ラップ
・フリーザ〜バッグ

冷凍保存方法

1.焼いた餃子を2~3個ずつラップでくるみます。
2.小分けにしてフリーザーバッグに入れます。
3.フリーザーバッグに空気が残らないように閉じます。
4.金属トレイの上に置いて、そのまま冷凍します。 食べるときは、常温での自然解凍がよいのですが、時間をかけて冷蔵庫で解凍、または電子レンジで加熱しても問題ありません。
5.もしパリパリ感がなくなっているようであれば、もう一度オーブントースターやフライパンで焼いてから食べるとおいしくできます。

焼く前の餃子を冷凍保存するコツ

焼く前の餃子は冷蔵庫で保存すると水が出てきてビチャビチャになります。 これではおいしく焼くことができませんので冷凍で保存しましょう。常温保存は季節により限界があります。すぐに、中身が劣化してきてしまうので、できるだけ常温での保存は避けるようにしましょう。
一番は冷凍で保存ですが、冷凍保存をしても中身が劣化することもありますので、冷凍する前に中身の水分を出してから冷凍するとよいですよ。 冷蔵庫で保存する際には、中身の具材に水分がを吸収してくれるパン粉なを含ませるとよいでしょう。 常温での保存は極力避け、短時間の保存でも冷凍保存がおすすめです。

用意するもの

・ラップ
・金属トレー
・片栗粉

特集

SPECIAL CONTENTS