連載

【保存版】もちもち絶品!おいしい餃子の皮の作り方

餃子を皮から作ったことはありますか?手作りした餃子の皮は、外はカリッと中はもちもちした食感で、驚きの美味しさなんですよ。市販の餃子の皮に比べると、少し手間はかかりますが、難しい行程はないので簡単に作れますよ。ぜひ試してみてください!

意外と簡単!餃子の皮を作ろう

ちょっと時間のある日には、いつもと違うことをしてみませんか?

ビールに、酎ハイに、焼酎に……お酒と相性バツグンの中華といえば、餃子!

市販の皮で包んでも美味しい餃子ですが、たまには皮から作ってみてはいかがでしょう。

今回は、本格的な仕上がりなのに意外と簡単な、餃子の皮の作り方をご紹介。

市販の皮にはない、モチモチとした厚み、食感は、チャレンジする価値ありです!
焼き上がりもカリッと香ばしく、一度作ったら、やみつきになること間違い無し

休日に皮から手間暇かけて作った餃子と飲むビール、最高ですよ!

『モチモチ食感!餃子の皮』の作り方

分量(24枚分)

薄力粉 100g
強力粉 100g
塩 ひとつまみ
熱湯 100cc
片栗粉 適量(大さじ2〜4) ※打ち粉用

作り方

①ボウルに薄力粉、強力粉、塩を加えてよく混ぜる。
②熱湯を注ぎ、箸でよくかき混ぜる。
箸で全体をよくかき混ぜ、粉がボロボロとそぼろ状になるまで混ぜます。

ここでは粉っぽさが残っていても大丈夫。
水分が足りないように思うかもしれませんが、決して熱湯を分量以上注ぎ足してはいけません
水分が多いとコシのないベタッとした生地になるので要注意。
③ビニール袋にそぼろ状の生地を入れる。
④外側から手のひらで押して、生地をひとまとめにする。
最初は水分が少ないので、きれいにまとまりにくいかもしれません。
決して水を足さず、じっくり押しながら生地がまとまるのを待ちましょう。
⑤袋の外側から、生地を外側から内側へ折りたたむ。
折りたたみ方は2つ折りでも3つ折りでも、均等にこねることができればどちらでも構いません。
⑥袋の外側から、折りたたんだ生地を押して平らにする。
⑦5〜6を繰り返し10分ほど行って、生地をこねる。

特集

SPECIAL CONTENTS