冷凍した餃子の皮を使ったレシピ5選

冷凍しておいた餃子の皮をそろそろ使いたいけれど、餃子ばかりでは飽きてしまうし、中のタネを準備するのが大変……。そんなときにおすすめの餃子の皮を使ったアレンジレシピをご紹介します。余った餃子の皮も、ひと手間加えるだけでオシャレなカフェごはんや、お酒の肴に変身しますよ!

1. グリーンピースキッシュ

餃子の皮のパリパリとした食感が楽しめる、見た目もかわいらしいキッシュです。玉ねぎ、ベーコン、グリンピースは軽く炒めておきます。マフィン型に餃子の皮を敷き、先ほどの具材と溶き卵、牛乳、塩こしょうをいれて上に溶けるチーズをトッピングします。200℃のオーブンで20分焼けばできあがり。 なるべく餃子の皮がマフィン型から浮かないように、ぴったりと貼り付けると仕上がりがきれいになりますよ。

2. 簡単ラザニア

和食や中華になりがちな餃子の皮も、ひと手間加えればお子様も大好きなラザニアに早変わり!こちらはホワイトソース、ミートソースともに手作りのレシピですが、市販の物を使えばより簡単にできるので、忙しい方におすすめです。 ミートソース、ホワイトソース、餃子の皮の順番で何重にも重ねていき、最後にとろけるチーズをトッピングし、220℃のオーブンで10分程度、またはトースターで10分焼けば完成です。餃子の皮を2枚重ねると、より食べ応えのある食感になりますのでぜひ試してくださいね。

3. 夏野菜のひとくちピザ

餃子の皮の真ん中にトマトソースを塗り、ナスやトマトなど角切りにしたお好みの野菜とチーズをトッピングします。餃子の皮の外側をめくり上げて、四角くなるように四角をキュッとつまみ上げます。油をひいたフライパンで焼き、皮に焦げ目がつけば完成。 おもてなし料理にもぴったり!SNS映えしそうな見た目もおしゃれなひとくちピザです。はじめに塗るソースをジェノベーゼソースに変えたり、お好みで黒こしょうやパルメザンチーズをトッピングすれば、ワインなどのお酒もすすむひと品に仕上がりますよ。

4. 即席ラビオリ

手間がかかるラビオリも、冷凍しておいた餃子の皮を使えば簡単に作れます。中に入れる具も何でもOKなため、冷蔵庫の残り野菜の掃除もできて、主婦におすすめのひと品です。 餃子の皮にマッシュポテトと塩味をつけたモッツァレラチーズをのせ、皮の周りを水で濡らして半分におりたたみます。中身が出ないようにフォークで押さえつけてしっかり閉じましょう。熱湯で30秒ほど茹で、温めておいたパスタソースをかければできあがりです。

5. パリパリチップス

「餃子の皮で何か作りたいけど時間がない!」「冷蔵庫に材料が少ないので簡単なものがよい」などというときにおすすめのひと品です。餃子の皮の表面にオリーブオイルを塗り、オーブントースターで3分~5分くらい焼けば完成! お好みでカレー粉や黒コショウ、ガーリックソルトをかけるなどアレンジも豊富なので、そのときの気分に合わせて色々とトッピングしてみてくださいね。おつまみとしてはもちろん、お子様のおやつにもおすすめな簡単レシピです。

編集部のおすすめ