フォトジェニック♩かわいい花型餃子の包み方

ヒダ付き花型

Photo by TAMA39

すこし変わった形にヒダをつければ、一気にフォトジェニック餃子に♩
1. 少なめにタネをのせて、皮を軽くつまむように写真の形を作ります。(まだ完全にくっ付けない。2つのヒダを長めに作る)

Photo by TAMA39

2. ひとつの長めのヒダをつまむように、ふたつのヒダに分けます。

Photo by TAMA39

3. もうひとつの長めのヒダを、ふたつに分けます。

Photo by TAMA39

4. 最後に強くつまんでヒダが開かないようにくっつけます。

まんまる花型

Photo by TAMA39

こちらは、ころんとまんまるな花型餃子です。
1. 少なめのタネを、皮の中央にのせます。

Photo by TAMA39

2. 細かくヒダを作って、すぼめるように中心に向かって皮を倒します。

Photo by TAMA39

3. ヒダを一周作ってできあがり。

Photo by TAMA39

完全に閉じていなくてもOKです。ヒダの部分を初めに下にして焼きます。

バラ型

Photo by TAMA39

「これが餃子!?」と二度見してしまうような、美しいバラ型の餃子です。
1. 皮を3枚少し重ねて並べ、重なった部分に水を付けて皮同士をくっつけます。

Photo by TAMA39

2. その上に少なめにタネを乗せます。

Photo by TAMA39

3. 皮の周りに水を付けて写真のようにふたつに折り、タネがはみ出さないようにくっつけます。

Photo by TAMA39

4. 端からくるくると巻いていきます。

Photo by TAMA39

5. 巻き終わりに水を付けて皮を固定します。

Photo by TAMA39

タネは少なめに、平らにするように半分に折るときれいに巻けます。皮を4枚で作っても◎

種類豊富!そのほか人気の包み方

ひと口餃子

Photo by TAMA39

小さめに作って食べやすくした、餃子の包み方です。
1. 気持ち少なめにタネを入れ、皮の周りに水を付け、人差し指を使って写真のようにヒダを作ります。

Photo by TAMA39

2. 基本の餃子のヒダをふたつ作ります。

Photo by TAMA39

3. 最後に内側に折り込むようにヒダを閉じます。

Photo by TAMA39

4. ヒダの部分を強く抑え、皮をくっつけたら完成です。

Photo by TAMA39

カルツォーネ風

Photo by TAMA39

簡単なアイデアで作れる、フォトジェニックでおしゃれな包み方です。
1. 多めのタネを皮にのせ、周りに水を付け、半月型餃子を作ります。

Photo by TAMA39

2. 0.5cm~0.8cmくらいの位置に、フォークを使ってぎゅっと押し当ヒダを作ります。

Photo by TAMA39

3. 一周ぐるっとフォークでヒダを作ったら完成です。

Photo by TAMA39

結構力を入れて模様を付けます。力を入れすぎて切れないように注意。

パイ風

Photo by TAMA39

餃子とは思えないようなパイ風包み方も、実は簡単にできるんです♩
1. 気持ち多めに皮の上にタネを置き、水を皮の周りにつけます。

Photo by TAMA39

2. 半月型に皮をくっつけたら、端を写真のように折ります。

Photo by TAMA39

3. 指で少し伸ばすように折り進んで一周します。

Photo by TAMA39

周りがはがれないように指でぎゅっと押さえます。

ITEM

東京ワンタン本舗 餃子の皮(冷凍)

¥156

内容量:24枚(約140g)

※2018年7月4日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

特集

FEATURE CONTENTS