「かいわれ大根」のレシピ集15選。気になる栄養素や保存方法も解説!

ピリッとした辛みがくせになる「かいわれ大根」。こちらの記事では、かいわれ大根に含まれる栄養素や新鮮なものの見分け方、かいわれ大根を活用したアレンジレシピをご紹介。定番のサラダから主役級の品まで15品あるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年6月28日 更新

細い見た目で栄養豊富!「かいわれ大根」の特徴

そもそも「かいわれ大根」とは?

かいわれ大根はダイコンの種から発芽したばかりの新芽のことで、スプラウト野菜の一種です。双葉の形が貝が開いたようであることから、「貝割れ大根」と名前がつきました。

ひとつひとつは小さいですが、だいこんと同じくピリッとした辛みがあるため、薬味などに使用されています。スーパーでは、パックや袋に入った状態で置かれていることが多いですね。また土を使わずに短期間で栽培することができるため、種を買ってきて栽培して食べるという方もいます。

かいわれ大根に含まれる栄養素

かいわれ大根の特徴的な栄養素として、「イソチオシアナート」という辛味成分が含まれています。大根やからし菜などのアブラナ科野菜に含まれるこの成分には、胃液の分泌を促す作用があり、食べ物の消化を助けてくれます。(※1)

また、かいわれ大根には睡眠ホルモン「メラトニン」の材料となる「トリプトファン」という成分も含まれています。メラトニンは睡眠を促す作用があり、深い眠りにつける手助けをしてくれます。(※2)

ビタミンやミネラルも豊富なかいわれ大根

一般的な栄養成分としては、ビタミン群やミネラルが豊富です。

ビタミン群では、いわずと知れたビタミンCや、出血を止める時に役立つビタミンKが多く含まれています。ミネラルからは、血を作るのに必要なモリブテンというミネラルをはじめ、カリウムやカルシウムが豊富。(※3)見た目は細くて頼りない感じですが、たくさんの栄養素が入っているのですね。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう