辛味がクセになる!簡単「かいわれ大根」の人気レシピ15選

今回は、メインディッシュにもお弁当のおかずにもなる「かいわれ大根」の、簡単にできる人気レシピをまとめました。さらに、おいしいかいわれ大根の見分け方もご紹介するので、スーパーで選ぶ際はぜひ参考にしてみてくださいね。

かいわれ大根、食べていますか?

あなたは、かいわれ大根は好きですか?サラダのトッピングや薬味として、入っていたら食べる……程度の方もいらっしゃるかもしれません。料理の脇役になりがちなかいわれ大根ですが、実は驚くべき栄養を秘めているのです。

ここでは、かいわれ大根の栄養や健康効果と、かいわれ大根が主役となるおいしい料理のレシピをご紹介します。読んだらすぐにかいわれ大根が食べたくなってしまうかもしれませんよ。

かいわれ大根とは?

かいわれ大根はダイコンの種から発芽したばかりの新芽のことで、スプラウト野菜の一種です。双葉の形が貝が開いたようであることから、「貝割れ大根」と名前がつきました。ひとつひとつは小さいですが、だいこんと同じくピリッとした辛みがあるため、薬味などに使用されています。スーパーでは、パックや袋に入った状態で置かれていることが多いですね。

また、土を使わずに短期間で栽培することができるため、種を買ってきて栽培して食べるという方もいます。

含まれている栄養と健康効果とは

かいわれ大根などのスプラウト類は種から発芽する際に、種に含まれていなかった成分を作り出して成長するため、栄養が豊富な食材です。

まずはイソチオシアネートという成分です。これは大根に含まれている辛みの成分で、かいわれ大根にも同様に含まれています。抗酸化作用があるため、体内の活性酸素を除去し、体が錆びるのを防ぐ効果があるといわれています。

また、安眠に関与する成分「メラトニン」やビタミン、ミネラルも豊富に含まれています。見た目は細くて頼りない感じですが、たくさんの栄養素が入っているのですね。

旬とおいしいかいわれ大根の見分け方は?

かいわれ大根は発芽から出荷までの期間が短く、畑ではなく室内で栽培されるため、旬はありません。年中いつでも安定した価格で購入できるのはとてもうれしいですね。

スーパーでかいわれ大根を購入するときは、茎が白くハリがあってまっすぐ伸びていて、葉の緑が濃いものを選びましょう。根の部分についているスポンジが茶色く汚れているものは鮮度が落ちていますので、スポンジがきれいかどうかも見分け方の参考にしてください。
▼自宅でかいわれ大根を育てませんか?

簡単!かいわれ大根の人気レシピ15選

1. かいわれの生ハム巻き

家飲みのおつまみやおもてなしの前菜として活躍するレシピです。根元を切り落として洗ったかいわれ大根を、広げた生ハムの上に焼き海苔と一緒に置いて巻きます。粒マスタードとマヨネーズを混ぜたソースをかけてできあがりです。

ソースはポリ袋に入れて角をはさみで少しだけ切り落とし、しぼり袋の要領で細く絞り出すときれいにかけることができますよ。

2. もやしとカイワレのナムル

かいわれ大根ともやし、ふたつのシャキシャキ野菜で作る簡単ナムルのご紹介です。ゆでたもやしと切ったかいわれ大根を混ぜ、ごま油と塩をベースにしたタレで和えて出来上がり。あとひと品ほしい!というときにすぐできて便利ですね。

お好みで白ごまやおろしにんにくを加えるとまた違った味わいを楽しめます。

3. 秋刀魚とかいわれの和サラダ

特集

SPECIAL CONTENTS