ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

ブロッコリーは種類が少ない?

ブロッコリーの品種は世界で90種類以上あると言われています。品種が少ないわけではないのですが、市場に出た段階でほとんどが「ブロッコリー」とだけ表示されるため、品種が少ないと誤解を受けている野菜のひとつです。

ブロッコリーは、アブラナ科の緑黄色野菜で、可食部は、花蕾(からい)と呼ばれるつぼみの部分と茎です。収穫時期や、花蕾の色合いや大きさの違いで、日本でも複数の栽培種が存在しますよ!

ブロッコリーとカリフラワーの違い

ブロッコリーとカリフラワーは、どちらもキャベツの仲間です。ブロッコリーは、野生のキャベツの花蕾が肥大化したもので、カリフラワーの原種はブロッコリーの突然変異種といわれています。

ブロッコリーは、茎のコリコリとした食感と、花蕾のやわらかい食感が楽しめる、クセのない緑黄色野菜です。一方、カリフラワーは淡色野菜。花蕾はキャベツのような甘みで、ほろほろと崩れやすいのが特徴です。

ブロッコリーの種類

ブロッコリー

ブロッコリーは、株の先端部分に立ち上がるようにできる花のつぼみの集まり、「頂花蕾(ちょうからい)」と、その下の茎を食べることができます。小房に切り分け、下ゆでしたあと、サラダ、天ぷら、あえ物など、さまざまな料理に利用できる使い勝手のいい食材です。

太い茎の部分は処分される方もいますが、外側の硬い皮を取り除いたあと細切りにして、炒め物、きんぴら、汁物の具材にするとおいしく食べられますよ!

ブロッコリースプラウト

スプラウトとは、発芽直後の新芽で「発芽野菜」と呼ばれます。ブロッコリースプラウトの歴史は浅く、日本では1999年ごろから販売され始めました。双葉の形がかわいらしく、サラダやパスタのトッピングとして生食で食べるのがおすすめ。

日本ではおなじみのスプラウトである、カイワレ大根のような辛味はなく食べやすいのが特徴です。

茎ブロッコリー(スティックセニョール)

茎ブロッコリーは、頂花蕾ではなく脇芽の側花蕾(そくからい)という部分。市場に出回っている茎ブロッコリーは、「スティックセニョール」という品種です。

じつは、ブロッコリーは収穫後に側花蕾を実らせるのですが、収穫の手間がかかる割に高値で販売することができません。そのため市場に出回るのは、中国広東地方原産のカイランを交配した品種「スティックセニョール」が主流になっています。

スティックセニョールは、アスパラガスとブロッコリーの中間のような味と食感。軽くゆでて、マヨネーズなどをつけて食べたり、肉巻きにしたりと細長い形を活かした食べ方もおすすめです。

ブロッコリーを食べつくそう

ブロッコリーは鮮やかな緑色で、料理に加えると華やかな印象になります。下ごしらえも簡単で、捨てる部分が少ないのも特徴。

また、最近では通常のブロッコリーに加えて、スプラウトや茎ブロッコリーも入手できます。それぞれ、味や食感に違いがありますので、新しい食べ方にも挑戦してみてくださいね。
Photos:1枚
皿にのせられているゆでた茎ブロッコリー
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS