おでんの大根は下ごしらえで変わる!味しみのコツは切り方にあった

味のしみ込んだ大根は、おでんの主役!今回は、おでんの大根の下ごしらえの方法をご紹介します。この方法をマスターすれば、しみしみの大根を楽しめること間違いなしです!冷凍庫を使った、簡単な味をしみ込ませるコツも伝授。ぜひチェックしてみてください。

おでんの「大根」下ごしらえ方法

下ごしらえをした大根の写真

Photo by tumu

こちらでは基本的な大根の下ごしらえ方法をご紹介します。包丁ですこし手を加えてあげるだけで、出汁がしみ込みやすくなりますよ。

下茹でをする際は、米のとぎ汁を使うとGood!とぎ汁を用意できない場合でも、下茹での際にお米をすこし加えるだけで、大根のアクを和らげる効果を期待できます。

材料(4人分)

大根とお米のとぎ汁

Photo by tumu

・大根          好きなだけ
・お米のとぎ汁(お米)  適量

作り方

1.大根を3cm~4cmの厚さに切り、皮を厚めにむきます。皮をむいた大根は面取をおこないましょう。
大根の面取りをしている写真

Photo by tumu

2.大根の片面に深さ1cmほどの切りこみを十字に入れます。
大根に切り込みを入れる写真

Photo by tumu

3.米のとぎ汁を鍋に入れ、火にかけます。沸騰したら大根を入れ、大根がすこし踊るくらいの火加減で茹でていきましょう。とぎ汁が用意できない場合は、お鍋に水を入れてお米をおちょこ1杯分ほど入れて茹でましょう。
大根を煮込む写真

Photo by tumu

4.竹串がすっと通るまで茹でたら、下ごしらえは完了です。
大根を煮込む写真

Photo by tumu

5.鍋ごと流しに持って行き、水を入れ替えながら大根を冷まします。冷めたらそっと手でとりましょう。
茹でた大根を取り出す写真

Photo by tumu

味をしみ込みやすくするコツ

皮は厚くむく

大根にはすじがあるので、皮を厚めにむくようにしましょう。もったいないからと、皮を薄くむいてしまうと、すじの部分が残ってしまい、火が十分に通らなくなってしまいます。

十分に火を通して柔らかくするためにも、気持ち多めに剥くのがちょうどよいですよ。

隠し包丁を入れる

隠し包丁を入れることで、火が通りやすくなり味もしみ込みやすくなります。ちょっとしたひと手間ですが、やるのとやらないのとでは大違い!

シミシミの大根にしたい場合は、ぜひ隠し包丁を入れるようにしてくださいね。

米のとぎ汁で下茹でする

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう