ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

だしから作る「おでんつゆ」のレシピ

Photo by donguri

まずは、おでんつゆの作り方からご紹介します。おでんの肝とも言えるつゆ作りは、昆布とかつおでしっかりとだしをとるのがおすすめですよ。

つゆの材料(2人分)

・水……1000cc ・昆布……1枚(10g) ・かつお節……20g ・薄口醤油……大さじ2杯 ・みりん……大さじ2杯 ・砂糖……小さじ1杯 ・塩……ひとつまみ

作り方

Photo by donguri

1. 昆布は5箇所ほど切り込みを入れ、水に30分以上つけておきます。

Photo by donguri

2. 弱火で火にかけて泡がでてきたら、沸騰する前に昆布を取り出します。そのまま強火にして、沸騰したら火を消しましょう。

Photo by donguri

3. かつお節を入れて、あくを取り除きながら弱火で5分ほど温めます。

Photo by donguri

4. 火を消して、キッチンペーパーを敷いたザルで、3のだしを漉します。

Photo by donguri

5. 薄口醤油、みりん、砂糖、塩で味を調えます。

だしの黄金比

おでん用のだしは、水に対して昆布1%、かつお節を2%の割合で作りましょう。今回は2人分ですが、4~5人分で1.5Lの量が目安。その場合、水1.5L、昆布15g、かつお節30gでアレンジしてください。

下ごしらえも丁寧に。おでんの基本レシピ

具の材料(2人分)

Photo by donguri

・卵……2個 ・大根……1/2本 ・こんにゃく……1枚 ・ちくわ……1本 ・はんぺん……1枚 ・厚揚げ……1枚 ・もち巾着……2個(厚揚げ:1枚、もち:1個)

具の下ごしらえ

Photo by donguri

1. 大根は厚めに皮を剥いて3~4cm幅に切り、面取り、隠し包丁を入れます。大根が隠れるくらいの高さまで水を入れたら、竹串がスッと通るやわらかさになるまで下ゆでしましょう。(米の研ぎ汁があれば、水の代わりに使用するとなおいいです。)

Photo by donguri

2. ゆで卵を作ります。卵がかぶさるくらいの水を入れて沸騰してから10分ほどゆで、粗熱が取れたら殻を剥いておきます。

Photo by donguri

3. こんにゃくは両面に浅く切り込みを入れ、1/2の大きさにカットします。塩をまぶして5分おいて洗い流したら、沸騰したお湯で1分下ゆでしましょう。

Photo by donguri

4. 厚揚げ、ちくわ、はんぺんは、食べやすい大きさに切り、熱湯をかけて油抜きをします。

Photo by donguri

5. もち巾着を作ります。油揚げに熱湯をかけて油抜きしたら、半分にカットして袋状に広げ、半分に切った切り餅を入れてつまようじでとじます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS