一から学ぶ「おでん」の基本レシピ。だしのとり方&具材の下処理も伝授

コトコト煮込む、絶品「おでん」のレシピをご紹介します。カツオと昆布のだしから作るおでんは、まるで料亭のような上品な味わいに仕上がりますよ。しっかり味が染み込む具材の下処理方法や、簡単に作れる人気アレンジも併せてチェックしてくださいね。

だしからとるおでんつゆの基本レシピ

土鍋に盛られたおでん

Photo by donguri

つゆの材料(2人分)

・水……1000cc
・昆布……1枚(10g)
・かつお節……20g
・薄口醤油……大さじ2杯
・みりん……大さじ2杯
・砂糖……小さじ1杯
・塩……ひとつまみ

だしのとり方&おでんつゆの作り方

ボールの中の昆布

Photo by donguri

1. 昆布は5箇所ほど切り込みを入れ、水に30分以上つけておきます。
ボールの中の昆布

Photo by donguri

2. 弱火で火にかけて泡がでてきたら、沸騰する前に昆布を取り出します。そのまま強火にして、沸騰したら火を消しましょう。
かつおからだしをとっている様子

Photo by donguri

3. かつお節を入れて、あくを取り除きながら弱火で5分ほど温めます。
かつおだしを漉している様子

Photo by donguri

4. 火を消して、キッチンペーパーを敷いたザルで、3のだしを漉します。
ボールの中のおでんつゆ

Photo by donguri

5. 薄口醤油、みりん、砂糖、塩で味を調えます。

だしをとるときのポイント

おでん用のだしは、水に対して昆布1%、かつお節を2%の割合で作りましょう。今回は2人分ですが、4~5人分で1.5Lの量が目安。その場合、水1.5L、昆布15g、かつお節30gでアレンジしてください。

調理工程3の、かつお節を煮出す時間もポイントのひとつ。あっさり風味を味わうお吸い物の場合は2分、おかずや汁物の場合は4分、かつおの味をたっぷりと出したいおでんでは、5分かけてしっかり煮出します。

具材の下処理から分かる「おでん」の基本レシピ

具の材料(2人分)

テーブルの上のおでんの材料

Photo by donguri

・卵……2個
・大根……1/2本
・こんにゃく……1枚
・ちくわ……1本
・はんぺん……1枚
・厚揚げ……1枚
・もち巾着……2個(厚揚げ:1枚・もち:1個)

具の下ごしらえ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう