カレーやシチューに大変身!おでんのリメイクレシピ15選

おでんは大鍋でたっぷり作るとおいしくできますね。でも余ったらどうしよう…という心配も。そんな時はリメイクがおすすめ!最後までおいしく食べきれます。今回はカレーやお好み焼きなど、簡単にできておいしいおでんのリメイクレシピをご紹介します。

おでんが余ったらどうしてる?

日に日に気温が下がっていくこの季節。あたたかいおでんが恋しくなりますね。

おでんは大きな鍋でたっぷりと作ると、具から旨みが溶け出し、おいしい出汁になります。そのだしを吸った大根やはんぺんは格別のおいしさですよね。

張り切って大鍋でおでんを作ったけど、余ってしまって食べきれない……という経験をした方は多いのではないでしょうか。そんな時は、他の料理にリメイクしておいしく食べきるのがおすすめです。

今回は、おでんを作りすぎた時にぜひ試してほしいおすすめのリメイクレシピを集めました。おでんが余ってしまった時はもちろん、リメイクを見込んで多めにおでんを作るのもアリですよ。

おでん丸ごとリメイクレシピ5選

丸ごとリメイクできる簡単カレー

まずはおでんのリメイクとしては王道の、カレーへのリメイクレシピをご紹介しましょう。
おでんの入った鍋に水を足し、カレールーを入れて煮込めば出来上がりです。

具があまり残っていない場合はにんじんやじゃがいもなどを追加して煮込みましょう。おでんスープは味が濃いので、適度に水で薄めて使ってくださいね。

キーマカレー

同じカレーへのリメイクですが、こちらはひと手間加えてキーマカレーに変身させています。家族に「またカレー?」と言われた時に試してみてくださいね。

おでんの具を一度取り出し、すべて刻みます。鍋でひき肉と刻みたまねぎ、おでんの具を炒めてカレールーを刻んで入れます。おでんの汁とソース、醤油を加えて味を調え、10分ほど炒めて出来上がりです。

刻みしょうがやにんにく、すりごまを入れると風味がよくなります。

具だくさんの炊き込みごはん

おでんのだしは炊き込みごはんの味付けにもぴったりです。炊飯器で簡単に炊けるレシピをご紹介します。

お米をとぎ、炊飯器に入れます。上から刻んだおでんの具と汁を入れ、水を炊飯器の目盛りまで足したら、あとは普通に炊くだけです。ツナ缶や鶏肉を入れるとうまみが増し、食べごたえがアップしますよ。

深いうまみのけんちん汁

残ったおでんの具以外に適宜にんじんやこんにゃく、ねぎなどを用意してください。新しく用意した具を、おでんだしと別途用意しただし汁で軽く煮ます。火が通ったらおでんの具を足し、みそや醤油で調味して出来上がりです。

おでんの大根を残しておくと、おいしいけんちん汁になります。足す具材は他にごぼうや油揚げもおすすめ。

おでんの残りで土鍋茶碗蒸し風

お出汁たっぷりなおでんの残りを使えば、簡単に茶碗蒸し風のひと品も出来上がります。残っている具材は、すべて食べやすい大きさにカットしておきましょう。溶き卵を加えて、弱火でコトコト加熱すれば完成です。お鍋のまま作ると、大きい茶碗蒸しのようでお子さまも喜ぶはずですよ♩

おでんの具をリメイクするレシピ5選

タレなしでもおいしいもちもちチヂミ

韓国風お好み焼きのチヂミ。レストランで人気のメニューですが、おでんの具とだしをリメイクして作ることができます。

薄力粉と片栗粉をボウルに入れ、おでんのだしを入れて混ぜます。あらみじんに切った具材を加えてフライパンに流し入れ、両面をこんがり焼けば出来上がりです。

出汁でおいしく味付けされているので、タレをつけなくてもおいしいです。キムチを添えるのもおすすめ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう