おでんの具をリメイクするレシピ5選

タレなしでもおいしいもちもちチヂミ

韓国風お好み焼きのチヂミ。レストランで人気のメニューですが、おでんの具とだしをリメイクして作ることができます。 薄力粉と片栗粉をボウルに入れ、おでんのだしを入れて混ぜます。あらみじんに切った具材を加えてフライパンに流し入れ、両面をこんがり焼けば出来上がりです。 出汁でおいしく味付けされているので、タレをつけなくてもおいしいです。キムチを添えるのもおすすめ。

薄力粉をプラスしてお好み焼き

チヂミだけではなく、日本のお好み焼きもおでんをベースにして簡単に作ることができます。おでんの翌日のランチにいかがでしょうか? ボウルに薄力粉を入れ、おでんの汁や卵、刻んだおでんの具、キャベツを入れて生地を作ります。フライパンやホットプレートで両面を焼き、ソースをかけて出来上がりです。 おでんの汁は粉に少しずつ混ぜるようにしてください。一気に入れてしまうとダマができやすくなります。

揚げずに作れる!簡単コロッケ

リメイクレシピの定番、コロッケ。おでんでリメイクして作ってもおいしくできますよ。油で揚げないヘルシーレシピです。 じゃがいもは茹でてマッシュし、刻んだおでんの具を混ぜます。小判型に成形したら炒ったパン粉をまぶしつけて出来上がりです。 種に火が通っているので、油で揚げる手間を省くことができます。グラタン皿に入れてスコップコロッケにすると、成形も省略できますので忙しい日におすすめ!

鍋ぞこ大根を活用した豚バラ大根

おでんの人気の具、大根。おでんの味がしみているので、短時間でおいしい煮物にリメイクできます。大根と豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、フライパンで豚肉を炒めます。大根を加えてさらに炒め、料理酒と醤油を加えて煮込みます。お皿に盛り付けてネギを添えたら出来上がりです。 バラ肉はかたまり肉を厚めに切って使うと食べごたえがアップします。ねぎは白髪ねぎにするとおしゃれなひと皿になりますよ。

じゃがチーズ焼き

おでんのじゃがいもはホクホクしておいしいですね。このじゃがいもをリメイクするレシピをご紹介します。あらかじめ多めにじゃがいもをおでん鍋に入れて、ぜひリメイクしてみましょう。 おでんのじゃがいもはグラタン皿に並べ、レンジであたためます。じゃがいもの上に味噌とチーズを乗せ、トースターで焼き目がつくまで焼いたら出来上がりです。 トースターで焼く際にローズマリーを加えると風味がアップ。おでんのだしを少しふりかけてもおいしくなります。

おでんつゆをリメイクするレシピ5選

つゆまで飲み干したい!お手軽うどん

練り物や牛すじなど、おでんのだしは様々な食材のうまみが溶け出しています。捨ててしまうのはもったいないので、うどんのだしにリメイクしましょう。 鍋におでんのだし汁とうどんを入れ、軽く煮込みます。溶き卵や具材をのせたら出来上がりです。 土鍋を使って煮込みうどんにするとアツアツの状態でいただけます。おでんの具が余っていればぜひ乗せて一緒に食べましょう。

編集部のおすすめ