ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

かぼちゃやおばけのハロウィンレシピが大集合!

10月になると街はハロウィン一色。ここ数年はコンビニやパティスリーでも限定スイーツが増え、街を挙げてのハロウィンパーティーも催されるようになりました。 でも今年のハロウィンは平日、おうちで楽しんでみませんか?これからでも間に合う、作りやすいものを集めてみました。

スイーツ系

1. 生地がもちもち「ポンデパンプキン」

Photo by macaroni

もこもことしたフォルムに、個性豊かな目に思わずくすっと笑ってしまいそうなドーナツ。こう見えて、本格的なかぼちゃ味なんです。 白玉粉と絹豆腐でこねた生地を丸め、リング状に並べて揚げれば、こんなにかわいらしい形になるんですよ。 まるでお店の商品ような見た目に仕上げるコツは、丸めた生地をしっかりとくっつけてから揚げること。同じ大きさに成形すると、揚げあがりも均一になりますよ。

2. くるみあんがぎっしり「おばけかぼちゃの桃山」

Photo by macaroni

白あんに卵黄や寒梅粉を入れて作る伝統的な和菓子「桃山」をかぼちゃでアレンジ。かぼちゃフレークを使えば固いかぼちゃを切ったり加熱する手間が省けるのでおすすめですよ。 かぼちゃフレークに生クリーム、牛乳、卵黄とこしあんを加えて生地を作ったらこしあんを包んで仕上げ。縦の筋や目を付ければ、癒し系のかぼちゃの完成です。

3. やさしい甘さ「スイートパンプキン」

Photo by macaroni

スイートポテトならぬスイートパンプキンは、ちょっぴり固めの生地を手で成形して、ころんとしたかぼちゃやおばけに成形して。 あまり焼きすぎると焦げ目がついてしまうので、様子を見ながら調整してくださいね。こんなにかわいい表情で見つめられたら、かわいそうで食べられないかも!?

4. サクサクどろ〜ん「おばけの簡単マシュマロチョコパイ」

Photo by macaroni

ハロウィンといえば、かぼちゃだけでなくおばけモチーフもはずせません。冷凍パイシートを使ったパイは、成形の仕方でおばけの表情が変わるので、子どもと一緒に作るのが楽しいかもしれませんね。 パイシートは常温に戻しすぎるとバターが溶けて作業しにくいので、溶かしすぎに注意して部屋の温度を低くして手早く作業するのがポイントですよ。

しょっぱい系

1. ひと口で食べやすいパンプキンプチシュー」

Photo by macaroni

ぷっくりと膨らんだシューは、よく見るとかぼちゃに似ていませんか?いつものシューに目とヘタを付ければ、それだけでとたんにハロウィン気分がアップしますよ。クリームには裏ごししたかぼちゃを混ぜれば、味も本格的に。 加熱中にオーブンを開けると温度が下がってシューがしぼんでしまいます。しっかりと膨らむまで辛抱強く見守ってくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS