ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

【副菜】ハロウィンご飯のおすすめレシピ7選

1. ハロウィンにおすすめのひと品。真っ黒コロッケ

じゃがいもとシーフードミックスで作るコロッケに、いかスミパスタソースを加えると、真っ黒な仕上がりになります。まさにハロウィンにぴったりな、インパクトのあるビジュアル!魚介の旨味があっておいしく、片手でつまめるので、サイドディッシュにおすすめのひと品です。

2. ハロウィンといえばかぼちゃ。クリーミー春巻き

Photo by macaroni

ハロウィンの定番食材である、かぼちゃで作る春巻きのレシピです。ホワイトソースに粗くつぶしたかぼちゃ、調味料を混ぜたものを皮で巻いて、揚げずにトースターで焼くだけの簡単調理。粉チーズやコンソメのコクと旨味、かぼちゃの甘さが相まって、いくらでも食べられますよ。

3. 墓場をイメージ!真っ赤なソースのパイおつまみ

ハロウィンカラーであるオレンジをイメージした、真っ赤なサルサソースの上に、墓石や木の形のパイを盛りつけます。不気味そうながら見た感じは怖くありませんよ。レシピでは4種のソースを重ねていますが、2~3種類でもOK!最後に赤いソースをかけるのがポイントです。

4. 洋風でもおいしい。かぼちゃのなめらか茶碗蒸し

Photo by macaroni

ハロウィン料理のメインに和食を予定している場合、副菜に茶碗蒸しがあればうれしいものです。そんな茶碗蒸しの卵液にかぼちゃを加え、ベーコンを具材にすることで、どこか洋風の仕上がりに。かぼちゃはちゃんと裏ごししてあげると、料理の持ち味であるなめらかさを損ないません。

5. イメージカラーの紫で。ハロウィンコールスロー

ハロウィンご飯のメインが肉料理なら、副菜としてサラダを用意したいところ。つけ合わせに野菜を使っている場合は、簡単なコールスローはいかがでしょう。紫キャベツを使用することで、ハロウィンらしさもあります。乾煎りしたナッツの、香ばしさと食感がよいアクセントです。

6. のりで描く。スモークサーモンのハロウィンサラダ

中にベビーリーフをぎっしり詰める、スモークサーモンのサラダです。ジャック・オー・ランタンの顔を、のりでデコレーションすると、気分はすっかりハロウィン。野菜をオブラートで包んでいますが、春巻きの皮で代用しても構いません。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ