ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

【味付け別】卵焼きの和風アレンジレシピ5選

1. 砂糖なしでも甘い。白だしの卵焼き

それひとつで味が決まる白だしは、卵焼きにもぴったり。卵の色をきれいに出したいなら、白だしをチョイスしましょう。ふわっと香るだしの香りに、ますます食が進みますよ。シンプルな卵焼きなので、塩こんぶやカニカマなどを加えるアレンジもお試しあれ。

2. サクッと作っておいしい。めんつゆのだし巻き卵

味付けはめんつゆのみ。しかも電子レンジで加熱するので、サクッと作ってぱぱっと食べられるひと品です。お弁当にもおつまみにもおすすめ。めんつゆを白だしに変えたり、青のりをプラスしたり味変して楽しみましょう。

3. じんわりくる旨味。塩麹の卵焼き

じんわりしたやさしい旨味をもつ塩麹で味付け。塩よりもコクが出て、ごはんにぴったりの味わいが楽しめます。サラダ油ではなく、ごま油で焼いていることもポイント。塩麹の旨味とごま油の風味に、ついついごはんを食べすぎてしまいますよ。

4. 子供も気に入る。はちみつ入り卵焼き

砂糖ではなくはちみつで甘味を付ける卵焼き。くどくない、やさしい甘さが広がります。上品なはちみつの香りもクセになりますよ。子供も食べやすいアレンジです。「卵焼きは甘い派!」という人は、一度試してみてください。

5. ふんわりおいしい。甘酒入り卵焼き

甘酒を使う卵焼きなら、ふんわりやさしい自然の甘味が楽しめます。米由来のほのかな甘さは、まろやかな卵とも相性抜群。白だしも使うので、きちんとごはんに合う味付けです。おかずとしてだけでなく、おつまみとしても重宝しますよ。

【味付け別】卵焼きの洋風アレンジレシピ5選

6. ふわっとまろやか。バター風味卵焼き

甘めの卵焼きなら、バターで焼くとさらにコクが出ます。おやつとしても食べられる、やさしい甘味が魅力。子供のお弁当にもぴったりです。洋風味でもしょうゆがよく合うので、日々のおかずにもおすすめですよ。

編集部のおすすめ