おいしい卵焼きの作り方。少しのコツで驚きのふっくら食感に!

ふわふわでおいしい卵焼きは、料理の基本中の基本ですよね。この記事では、卵焼きの作り方をmacaroni動画でご紹介します。人気の白だしを使った味付けアレンジや、詳しいコツなども参考にしてみてくださいね。

ふっくら食感。基本のおいしい卵焼きの作り方

材料(2人分)

・卵……3個
・サラダ油……適量

調味料

・砂糖……大さじ1杯
・塩……少々
・しょうゆ……小さじ1杯

作り方

1. ボウルに卵を溶きほぐし、調味料を加えてさらに混ぜます。

2. 卵焼き器にサラダ油を引いて中火に熱し、ペーパーを使ってフライパンのへりまでしっかりと油をなじませます。

3. 卵液の1/4量を流し入れ、卵焼き器を動かしながら全体に広げます。※卵液を流すタイミングは、箸先で卵液を落としてすぐに固まるくらいです。

4. 半熟状になったら奥から手前に菜箸で巻いていきます。巻き終わったら卵焼きを奥に移動させます。

5. フライパンの手前部分にペーパーで油をなじませ、同じ量の卵液を流し入れます。卵焼きを少し持ち上げて、卵液を卵焼きのしたにも流し入れます。気泡が出てきたら菜箸でその都度つぶすようにします。

6. 45の手順を繰り返し、巻き終わったらペーパーを敷いた巻きすのうえにのせます。卵焼きの形に沿って軽く巻き、5分ほど置いて粗熱をとります。

7. 粗熱がとれたら、お好みの大きさに切って器に盛って召し上がれ。
【レシピ提供 macaroni】

おいしい卵焼きを作るコツ

卵をボウルに割り入れる瞬間の画像

Photo by Shutterstock

卵の混ぜ方に注意する

おいしい卵焼きを作るには、しっかりと卵を溶いてなめらかにすること。どろっとした卵白がなくなるように、箸でしっかりと溶くことで、口当たりがなめらかになりふわっとした食感になります。

ここで注意してほしいのが、卵を泡だてないこと!箸先を回転させ、すくいあげるように溶いてくださいね。シャカシャカと泡だててしまうと、シュワっとして食感が悪くなってしまいます。

焦げを怖がらずに強めの火で焼く

「焦げてしまわないように……」と、いつも弱火で作っていませんか?焦げも不安要素のひとつですが、おいしい卵焼きを作るためには強火で焼くことがポイント。

油を均等に引いたフライパンや卵焼き器をきちんと高温にすることで、流した卵液にたくさんの気泡が生まれ、ふわっとした仕上がりになりますよ。

流し込む卵の量はたっぷりと!

卵はあまり細かく分けて流し入れると、厚みがなく薄い卵焼きになってしまいます。卵液は3〜4回ほどで焼ききることがポイントです。おたまを使うと簡単にできるので、試してみてくださいね。

おいしい卵焼きの人気味付けレシピ3選

1. 甘くない!お弁当にもぴったりな出汁巻卵焼き

砂糖を使用しない出汁巻卵のレシピです。顆粒のだしの素を使用することで、簡単にうま味たっぷりな卵焼きを作ることができますよ!しっかりと味が付いているので、ごはんのおかずやお弁当にもぴったりです。

2. マヨネーズを使ったふわふわ卵焼き

卵液にマヨネーズを混ぜた、卵焼きです。マヨネーズを入れることによってふわっとした食感に仕上がりますよ!少量なら、マヨネーズの味もしないので、いつものご家庭の卵焼きに追加してみてくださいね。

3. やさしい味わい。白だしの卵焼き

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう