ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

ふっくら卵焼きの基本レシピ

材料(2人分)

・卵……3個
・砂糖……大さじ1杯
・塩……少々
・しょうゆ……小さじ1杯
・サラダ油……適量

おいしい卵焼きを作るコツ

Photo by Shutterstock

卵の混ぜ方に注意する

おいしい卵焼きを作るには、しっかりと卵を溶いてなめらかにすることが大事。どろっとした卵白がなくなるように溶くことで、口当たりのよいふわっとした食感になります。

ここで注意してほしいのが、卵を泡だてないこと!箸先を回転させ、すくいあげるように溶いてくださいね。シャカシャカと泡だてると、食感が悪くなってしまいます。

焦げを怖がらずに強めの火力で焼く

「焦げてしまわないように……」と、いつも弱火で作っていませんか?焦げも不安要素のひとつですが、おいしい卵焼きを作るためには強火で焼くことがポイント。

油を均等に引いたフライパンや卵焼き器をしっかり高温に温めることで、流した卵液にたくさんの気泡が生まれ、ふわっとした仕上がりになりますよ。

流し込む卵の量はたっぷりと!

卵をあまり細かく分けて流し入れると、厚みがなく薄い卵焼きになってしまいます。卵液は3〜4回ほどで焼ききることがポイントです。おたまを使うと簡単にできるので、試してみてくださいね。

編集部のおすすめ