ポイントは切り方にアリ!新玉ねぎサラダの人気レシピ25選

新玉ねぎは通常の玉ねぎと違って甘みが増しておいしい野菜。今回はきゅうりやトマトを使ったサラダはもちろん、ツナと和えたり、その他人気レシピ、ドレッシングも併せてご紹介します。さらにおいしく食べるには切り方がポイントになるんです!

新玉ねぎサラダでエイジングケア!

「たまねぎを食べると血液がサラサラになる」とよく聞きますが、抗酸化作用のある成分を豊富に含むたまねぎにはアンチエイジング効果も期待できるんですよ!

ただ、有効成分のいくつか、中でも硫化アリルとビタミンB1は熱に弱いので、加熱調理をするとせっかくの成分が損なわれてしまいます。そこでおすすめしたいのが、新たまねぎを生食でおいしく食べるための、新たまねぎサラダのレシピです。

新玉ねぎとふつうの玉ねぎの違い

たまねぎは、皮の色や大きさによって白たまねぎ、黄たまねぎ、赤たまねぎ、小たまねぎなどの種類に分けられます。

新たまねぎは、そのうち白たまねぎや黄たまねぎを早採りしてすぐに出荷したもの。ふつうのたまねぎは収穫から1ヶ月ほど乾燥させてから出荷されますが、新たまねぎはすぐに出荷されるため、皮がうすく、実の水分量が多くてやわらかいという特徴があります。

また、辛味の成分が少なくてより甘く感じられるのも新たまねぎとふつうのたまねぎの大きな違い。新たまねぎは、火をとおさなくてもやわらかくて甘い、生食に合ったたまねぎなのです。

新玉ねぎの切り方

新たまねぎをよりおいしく生で食べるために、切り方を覚えましょう。といっても頭に入れるべきはひとつだけ。「繊維を断ち切るように切る」ということ。

新たまねぎを切るときは、まず上を切って薄皮をむき、縦半分に割ってください。次に、V字に包丁を入れて芯を取ったら、繊維の筋に対して直角に包丁を入れてスライスしましょう。

たったこれだけで辛味成分が抜けやすくなり、口当たりがグッとやさしくなります。下の動画がわかりやすいので、実践する前にぜひ一度見てください。

栄養満点新たまねぎを使った人気レシピ

1. 春キャベツと新たまの具だくさんコールスロー

春先のこの季節、新玉ねぎもおいしいですが柔らかい春キャベツも旬を迎えています。
コールスローに新玉の甘みとしゃきしゃき感を添えてあげるとよりおいしくなりますよ!
彩りよくカニカマで赤のアクセントを添えてあげると、見た目にも春らしいコールスローになります。

2. 新玉ねぎと彩り野菜のサラダ

サラダのおいしさは「見た目」も大切ですよね!
グリーンのスナップエンドウに赤玉ネギの新玉、それに黄色のズッキーニやラディッシュ!
カラフルなお野菜をたっぷり使ったサラダです。
練りごまのドレッシングには隠し味にはちみつやオリーブオイルで奥深い味わいも楽しめます。
お野菜をたっぷりと食べたくなった時に!ぜひ作ってみたい一品です。

3. 甘酢玉ねぎ切り干し

玉ねぎの甘酢漬けは新玉ねぎで作ると絶品です!
この甘酢漬けには新玉の他に切り干し大根も入っていますよ!
切り干し大根にはカルシウムや鉄分がたっぷりと含まれていますので、女性にはうれしい食材です。常備菜として常に作り置きしておいてお漬物代わりに、またカレーのおともにもお勧めです。

特集

SPECIAL CONTENTS