ライター : 塚本 晴香

管理栄養士

大学にて栄養学の勉強をした後、調理師専門学校で調理についても本格的に学ぶ。その後、カフェにて勤務し新メニューの開発などにも関わる。現在は、ライターとしてたくさんの人に食べる…もっとみる

9ヶ月の離乳食の回数や時間

離乳食の回数

生後9ヶ月を迎えると食事の回数は一日3回になり、食べられる量も増えてきます。食欲に応じて、量を調節しましょう。ミルクや母乳もまだ必要な時期ですが、食事で必要な栄養を補うようになってきます。

食べられる食材の幅も広がってくるので、いろんな食材にチャレンジしていきたいですね。初めての食材を食べるときはアレルギーの心配もあるので、少量から試しましょう。

この月齢のころには、食べ物を舌で歯茎にのせ、歯茎でつぶして食べられるようになります。また、手づかみ食べをしたがるようになってくるので、積極的にさせてあげましょう。(※1)

ミルクの量

生後9ヶ月のころは、離乳食のあとに母乳や粉ミルクをあげましょう。そのほかに、母乳の場合には欲しがるだけ、粉ミルクの場合には一日2回程度あげてください。

だんだんと食事から栄養が摂れるようになってきてはいますが、まだ母乳やミルクからの栄養も必要な時期です。食事のリズムに合わせて、授乳のリズムも整えていくようにしましょう。

また、フォローアップミルクに関しては、離乳が順調に進んでいる場合には必ずしも必要というわけではありません。鉄欠乏のリスクが高かったり、体重の増加が思わしくなかったりした場合に、医師と相談したうえで必要に応じて活用するといいですね。(※1)

離乳食の時間

一日3回の離乳食になったら、食事のリズムを大切に朝・昼・夜と規則正しく食べるようにしましょう。大人と一緒に食べることで、「食事の時間は楽しい時間だ」という経験を積み重ねていきます。

また、しっかりと食事や授乳の間隔をあけることで、次の食事の時間までに空腹になり、きちんと食事量がとれるようになりますよ。(※1)

9ヶ月の離乳食の量と硬さ

一食あたりの量

穀類……全粥90g~、軟飯80g
野菜、果物……30~40g
魚または肉……15g
豆腐……45g
全卵……1/2個
乳製品……80g

主にたんぱく質を含む食品の量は、一回1食品を使用した場合の値です。例えば、豆腐と魚をあげる場合には示している量のそれぞれ1/2程度を目安にしましょう。

一回で食べられる量はまだ多くはありませんが、歯茎でつぶして食べられるのでたくさん口を動かすようになります。パサつく魚類とモソモソして食べづらいイモ類の組み合わせを避けてあげるなど、口が疲れてしまわないように工夫してあげられるといいですね。

また、乳児ボツリヌス症にかかるおそれがあるため、満1歳までは、はちみつを使用しないようにしましょう。(※1,2)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS