ライター : 永吉 みねこ

管理栄養士

大学卒業後、大手CVSにて商品開発を担当し独立。現在は忙しい女性を献立ストレスから解放!をテーマとした時短料理教室主催し、栄養カウンセリングや料理教室開業コンサルも実施してい…もっとみる

胃が弱っているときには何を食べたらよいの?

食べすぎや飲みすぎ、ストレスなどで、吐き気がしたり食欲がなくなったりしたという経験ありませんか?特に病気がない場合、これらの症状の原因は胃が弱って消化吸収がうまくできなくなっていることが原因といわれています。 胃が弱っているときは、胃にやさしい食べ物を食べることがとっても大切!そこで、胃にやさしい食べ物について解説しようと思います♪

胃にやさしい食べ物の選び方のポイントとは?

胃にやさしい食べ物を選ぶには、消化吸収がよいものを選ぶようにしましょう。消化吸収がよい食べ物は、肉や魚、豆腐、おかゆなどが代表的です♪ ただし、油が多いと胃に食べ物がとどまる時間が長くなり、負担になってしまうので注意が必要です。 また、消化吸収を妨げてしまう繊維質の多い食べ物はさけるようにしましょう。胃の刺激になる食べ物もさけるのが基本です!

種類別!胃にやさしい食べ物リスト

お肉

脂肪が少ないお肉は、消化吸収がよいので胃が弱っている時におすすめ♪ 鶏肉のささみ、豚・牛のヒレ肉は脂肪が少ないお肉です。また、鶏肉はモモ肉やムネ肉でも皮の部分をとってしまえば脂肪が少なくなるので、ささみがない時でも代用できます!

お魚

お魚も脂肪が少ないものがおすすめです。タラや鯛などの白身魚や鮭がよいでしょう♪ お刺身やカルパッチョなど生で食べるものは、消化に時間がかかってしまうのでさけましょう。必ず加熱するのが基本です!

たまご

たまごも消化吸収はよいですが、適度に加熱することが大切です!生たまごはさけましょう。たまご焼きや茶碗蒸し、半熟ゆでたまごがおすすめです♪ ただしたまごは、加熱しすぎると消化吸収が悪くなってしまいます。固ゆでのゆでたまごはさけたほうがよいでしょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS