朝食べるといいものって?おすすめの食品10選

今回は、一日のスタートである朝に食べるといいものを、10個ご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品がそろっていますよ。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

2019年1月10日 更新

ライター : noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われます^^;

朝食、ちゃんと食べてますか?

朝寝坊したり時間がギリギリだったりで、つい朝食を抜いてしまった……なんてことはありませんか? 一日のスタートを向かえる朝食は、元気よく活動する源。「朝食は一日で一番大事な食事だ」なんてことも言われます。 そこで今回は朝食におすすめ食品を、海外サイトを参考にご紹介。時間がないとき、手軽に摂取できるものもありますよ。エネルギー源となる食品をしっかり体内にチャージして元気よく一日をスタートさせましょう!

1. ナッツ類

良質な脂肪分(不飽和脂肪酸)を体に摂取するには、ナッツがおすすめ。また、ナッツは栄養価が高くよく噛んで食べるため、満足感にもつながるんですよ。

2. 複合糖質(全粒粉パン・おかゆ・オーツ麦フレーク)

全粒粉のパンやオーツ麦といった食品は、GI値が比較的低いのが特徴。エネルギーを安定供給し、血流中にグルコース(血糖)をゆっくりと放出するので、長い間満腹感を得ることができます。 GI値比較 精白米……84 食パン……91 全粒粉パン……50 おかゆ(精白米)……57 オーツ麦フレーク(オートミール)……55

3. 卵

卵は良質なたんぱく質や脂質、ビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれています。また、1個(50g)76kcalというカロリーの低さもポイント。良質な栄養素がしっかりと補給できる卵は、まさに朝食の定番となるべき食品なんですね!

4. ピーナッツバター

ピーナッツバターは、良質な脂質(不飽和脂肪酸)が豊富に含まれています。加えて食物繊維やカリウムといった、女性に嬉しい栄養成分も詰まっているんですよ。 ただし、選ぶ際に注意したいのは人工甘味料を含んでいない90%ピーナッツを使ったピーナッツバターにすること。また、カロリーが高いため食べ過ぎはNG。食パン1枚に塗る程度にしておきましょう。

5. アボカド

アボカドはビタミンEやビタミンB6、葉酸、カリウム、銅といった、さまざまなビタミン・ミネラルが詰まった食品です。その上、食物繊維も多く、女性にとっては朗報なのではないでしょうか。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS