ミネラルって何?効果と含まれる食品まとめ

ミネラルってよく聞く言葉ですが、どういう種類があるのか、どういう食品に含まれているのか?意外と知らないことが多いですよね。今回は、慢性的ミネラル不足ともいわれる日本人にとって大切な、ミネラルについてのお話をご紹介します。

ミネラルとは?

たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並び、5大栄養素のひとつであるミネラルですが、いったいどのような栄養素なのでしょうか?

私たちの体を元素レベルまで分解して考えてみると、炭素・水素・酸素・窒素の4成分で全体の約96%を占めています。ミネラルとは残り4%の元素のことなんです。

ミネラルはビタミンと同様にごくわずかの量であっても体の機能維持に欠かせない成分。ビタミンが有機化合物であるのに対し、ミネラルは元素そのもの。単体で「ミネラル」なのです。ミネラルの種類やミネラルを含む食べ物についてご紹介していきます。

ミネラルの種類と効能、含まれる食べ物

カルシウム

ミネラルの中では一番多い成分で骨や歯を形成し、また血液の凝固を促し、出血を抑える作用があります。筋肉の興奮を抑える働きもあります。カルシウムを含んでいる食べ物としては、干しエビやかたくちいわしなどの小魚、チーズなどの乳製品、大豆製品があります。

リン

カルシウムと同様、骨や歯を形成すると共に、細胞膜などの構成要素、体内のpHバランス(酸性・アルカリ性の濃度)を保つ作用や浸透圧の維持など、体内の働きに関わる成分です。

加工食品に多く含まれ、通常不足することはほとんどありません。むしろ偏った食事により、摂りすぎてしまうことがあるため、注意が必要です。

カリウム

カリウムにはナトリウムとともに、浸透圧の維持・調整を行い、ナトリウムを体外に排出する作用があります。塩分を摂りすぎな日本人にとって、重要なミネラルと言えますね。また、神経の興奮や筋肉の収縮にも関わっています。昆布やわかめ、ひじきなどに多く含まれています。

ナトリウム

細胞の外の体液に多く含まれ、細胞外液の浸透圧の調整、維持に関わっています。ナトリウムを摂取しすぎるとむくみ、高血圧など体に悪影響があるため、カリウムを多く含む食品と摂取すると良いでしょう。ナトリウムを含む食品は、食塩や出汁類、しょうゆ、味噌、梅干などです。

マグネシウム

骨の形成、筋肉の収縮、体温・血圧の調整などに関わっています。体内の代謝を助ける機能もあります。マグネシウムを含む食品は、青海苔・米ぬか・昆布・ごまなどです。

鉄分

赤血球のヘモグロビンの構成成分で、酸素を全身に運ぶ役割があり、貧血対策に役立ちます。特に女性は、生理や妊娠などで鉄分を多く必要とします。鉄分を多く含む食べ物は、レバー、あさり、ひじき、海苔などです。

亜鉛

酵素の構成成分であり、消化・吸収、代謝の調節に関わっています。また、味覚を正常に保つ作用があり、不足すると味覚障害を起こす可能性があります。亜鉛は、牡蠣、さば、いわし、小麦の胚芽などに含まれています。

おわりに

ミネラルは体内で作り出すことのできない成分です。そのため、食物から補給するしかありません。カルシウム不足であれば「骨粗しょう症」、鉄分が足りないと「貧血」など、ミネラルが不足すると病気の原因にもなってしまいます。

動物性食品・植物性食品を日頃の食生活でバランス良く摂取して、ミネラルをしっかり摂取していきたいですね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう