「食べてすぐ寝る」はOK?食後の寝る向きが重要だった!

「食べてすぐ寝ると太る」なんてよく言われていますが、実際はどうなのでしょうか。また、食後横になる場合は、左右どちらが正しいのかご存知ですか?一般的には右向きが正しいようですが、個々の胃の形によってその向きは分かれるようです。真相やいかに……

食べてすぐ寝るのは体に良い?

お腹いっぱい食べたあと、底知れない満腹感と幸福感に包まれます。そのままベッドにダイブ!と言う人も多いはず。

でも、“食べてすぐ寝ると牛になる”、こんなセリフを言われた経験ありませんか?草を食べたあとにもう1度口の中に戻して噛み直す習性のある牛に例えて、行儀の悪さを戒めているんですよ。なぜこの牛の話をしたのかと言うと、行儀そのものよりも食後の寝る向きによっては体によくない影響をおよぼすと言われているからです。

右を下にするといいとか、左にした方がいいとか、寝るなんて言語道断だ……とかよく意見が分かれます。では、正しい寝る向きは?食後すぐに寝てもOK?寝る時間は?分かるようで分からない食後の正しい寝る向きについて、解明してみようと思います。

食後の正しい寝る向きは?

右側を下にして寝る(右向き)

ご飯を食べた後はなるべく横向きで、また体の左側を上に向けた態勢で寝るのが正しい向きと考えられています。これは、胃の形が深く関係しているんですよ。

よく胃薬のコマーシャルで見かけたことがあると思いますが、胃袋はそら豆のような形をしています。口に入れた食べ物は、食道を通り胃袋に到達。胃の中で消化された後に胃袋の右下にある出口を通り、十二指腸、腸へと流れる、という構造になっているんです。

ようするに、体を右側にして寝ると、胃から腸への移動をスムーズにし、かつ消化しやすくするというわけ。なるほど、メカニズムを考えると「右を向くといい」というのは正しかったんですね。

では逆に、体を左にした場合はどうでしょう。本来右にある出口が下ではなく上になってしまうので、胃の中の食べ物が流れにくくなってしまいます。その結果、胃の中に食べ物が残り続けて消化不良を起こし、胃もたれや胸やけを招いてしまうことに……。

右向きにおすすめの胃

そもそも胃の形は人種によってさまざまで、形次第では右向きと左向き、どちらが適しているかきっぱり分かれます。鉤状胃(こうじょうい)と胃下垂、正常胃(そら豆の形)の場合は、右を下にするといいようです。

食べ物が流れ出る出口が通常よりも高い位置にある鉤状胃の人、胃が正常な位置よりも垂れ下がっている胃下垂の人、そして正常な胃の人は、食べたあとは右向きに寝るほうがいいでしょう。なぜなら、胃液や食べ物をスムーズに流して消化しやすくするためです。

ちなみに外国人に多い牛角胃は、食べ物が流れやすい作りになっているため、脂っこいものを食べても胃もたれしにくいんだとか。バーガーやステーキ、フレンチフライなどカロリー高めの食生活でも、へっちゃらなわけですね。

自分の胃の形がそら豆のように正常か、鉤状胃か、それとも胃下垂なのか、1度レントゲンを撮って診てもらうと分かりやすいかもしれないですね。

左向きで寝たほうがよいケース

右向きとは逆に、逆流性食道炎になりやすい人は左向きがベストです。逆流性食道炎とは、胃酸や十二指腸から分泌された成分、胃の中に溜まった食べたものが食道に逆流してしまい、粘膜に炎症を起こしてしまうことを言います。

食道の粘膜は、胃のように保護されていないるわけではありません。仮に右向きに寝た場合、消化力の強い胃酸が逆流して食道がダメージを受け、咳やのどの痛み、胸やけなどさまざまな症状を引き起こす恐れがあるんだそうです。なので、体は右ではなく左向きにするといいでしょう。

イレギュラーな瀑状胃(ばくじょう)

上で紹介した鉤状胃、胃下垂とは別に、日本人10人中2、3人の割合で瀑状胃(ばくじょうい)というタイプも存在します。胃の形が複雑なのですが、これは分かりやすく言うと、胃の入り口がやや低い位置にあり、赤ちゃんがお腹の中で膝を抱えて丸まっているような状態。

食べたものが胃の中に溜まりやすいうえ、十二指腸までスムーズに流れにくいため消化のペースがとても穏やかです。胃の上の部分に胃酸が溜まるため、食べ物が逆流して逆流性食道炎を起こしてしまうケースが多いと言われています。

食べたあとは左向きに寝て、胃の上部に溜まったものを下へ移動させ、次はうつ伏せ、最後は右向きにして出口へ流す。と言うように、左→うつ伏せ→右と寝方に変化をつけることが大切です。

食後の過ごし方

横になる時間

食後30分前後は、ゆっくりと休みましょう。食べたあとは血液が胃腸に集中し、食べたものを消化しようとフルスロットルで稼働しているからです。せっせと消化にあたっている最中に体を激しく動かすと、血液が全身に散らばって消化機能を弱めてしまう場合があります。

完全に横になれる環境が整っている場合は、ソファに肘をかけて状態を起こした大勢で横たわるのが理想です。職場の場合は、気持ち体の向きを右または左に傾けて(個々の胃のタイプによります)うつむきになると、消化がよりスムーズになるんだそう。

完全に寝るとアウト

「ちょっと食後にひと休み」のつもりが、気付いたらよだれを垂らして気持よく夢の中……なんてことありませんか?

食後すぐに寝てしまうと消化機能が弱まり、うまく分解しきれなかった脂肪が体の中に溜まって太る原因に。しかも、しかも、食べたものが上手く消化されずに老廃物として溜まってしまうので、ニキビや吹き出物などの肌トラブルにつながりかねません。

1度ここまでを整理しましょう。食べたあとに体を激かすと血液が分散し消化不良に、ガッツリ眠ると今度は消化機能が弱まり、胸やけや肥満、肌荒れを招く恐れがあります。結論から言うと、完全に寝るのはNG。30分間、寝ずに体をゆっくり休ませてあげることが大切だということです。

食べたら30分間、起きてゆっくり休む

誰もが言われた経験があるであろう「食べてすぐ寝ると太る」と言うセリフ、あながち間違ってはいませんでした。個々の胃のタイプによって、右と左で適した向きがあったなんてちょっと驚きですね。会社の健康診断や病院でレントゲンを撮るとき、自分の胃の形を確認してみるといいかもしれません。

食べて30分間は激しい運動は避けて、ゆっくり横になって休むといいようです。と言っても本格的に寝てしまうと消化機能が弱まって胃もたれや胸やけ、肥満や肌荒れを起こしてしまう場合があるようので、眠気はグッとこらえましょう。
▼日常生活のなかで太らないようにするコツはこちらをチェック!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

yuitoss

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう