ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

監修者 : 竹内 弘久

杏林大学医学部付属病院 外科医

<学歴>2015年4月 杏林大学大学院医学研究科 卒業(外科系外科学 専攻) 2015年9月 医学研究科博士号学位 取得 <医師国家試験及び医籍> 1997年4月11日 第91回 医師国家試験 合格 …もっとみる

食べてすぐ寝るのは悪いことではない

「食後の身体を休める」という意味では、食べてすぐ寝るのは悪いことではありません。食べたものを消化・分解するためには、胃腸や肝臓に血液が必要です。

しかし、立ったり、歩いたりしていると肝臓に流れる血液の量が減ります。肝臓に十分な血液を送るには、食後は休むことが大切です。

ただし、胃に負担のかからない向きで横になる、深い眠りにつかないようにするなどの注意が必要。この記事では、食後に横になる際のポイントをご紹介します。(※1,2)

食後に横になるときの寝る向きが大切

右側を下にして寝る(右向き)

食後は横向きで、身体の左側を上に向けた態勢で寝るのがいいと考えられています。右向きに寝ることで、胃から十二指腸への消化物の移動がスムーズになりますよ。

これは、胃の形が深く関係しています。胃袋はそら豆のような形をしており、口に入れた食べ物は食道を通って胃袋に到達。その後、胃袋の右下にある出口を通り、少しずつ十二指腸へと流れる構造になっています。(※2,3)

左向きで寝ると胃もたれの原因に

身体を左向きや仰向きにした場合はどうでしょう。胃の出口が下方向に向かないため、胃の中の食べ物が流れにくくなります。

その結果、胃の中に消化中の食べ物が胃に残り続けるおそれが。消化不良を起こし、胃もたれの原因になりかねません。(※2,3)

左向きで寝たほうがよいケースもある

逆流性食道炎になりやすい人

食後に右向きに寝ると、胃の内容物が逆流しやすくなるおそれが。逆流性食道炎になりやすい人は、なるべく食後は横にならないようにしてくださいね。どうしても横になりたいときは、枕やクッションなどで上体を高くしたうえで、左向きに寝ましょう。

逆流性食道炎とは、胃液や胃の中に溜まった食べ物が食道に逆流し、粘膜に炎症が起きること。胃液に含まれる胃酸は強い酸性のため、胃は胃粘液によってから胃の粘膜を守っています。しかし、食道にそのような機能はないため、胃酸によって咳やのどの痛み、胸やけなどの症状を引き起こす場合があります。(※3,4,5,6)

瀑状胃(ばくじょうい)の人

日本人の20〜30%は、瀑状胃(ばくじょうい)という形だと言われています。胃の入り口が低い位置にあり、赤ちゃんがお腹の中で膝を抱えて丸まっているような形状です。

食べ物が胃の上部に溜まりやすいため、消化に時間がかかります。また、胃酸が利用されにくいので、胃酸の逆流や胃の炎症を起こしやすいです。

瀑状胃の方は、食後は左向きに寝ましょう。胃の上部に溜まったものを下へ移動させることができます。次はうつ伏せになり、最後は右向きになると、消化を助けられます。左→うつ伏せ→右と寝方に変化をつけることが大切です。(※2,7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ