ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

コンビニの朝ごはんで摂るべき栄養素

Photo by 渡辺りほ

栄養素

  1. エネルギー源となる「糖質」
  2. 筋肉量を維持する「たんぱく質」
  3. 体調管理に欠かせない「ビタミン・ミネラル」
  4. 便通を促す「食物繊維」

エネルギー源となる「糖質」

脳がはたらくためのエネルギー源となる糖質は、朝に必ず摂りたい栄養素です。糖質が不足すると集中力が低下し、仕事や勉強の効率が落ちるおそれがあります。

糖質が豊富な食品はごはんやパン、めん類など。コンビニで朝ごはんを買うときは、おにぎりやサンドイッチを選ぶとよいですよ。(※1,2)

筋肉量を維持する「たんぱく質」

たんぱく質を3食均等に摂ると、効率よく筋肉を作れることが明らかになっています。また、たんぱく質は体内時計をリセットしたり、体温を上げたりするのにも役立ちますよ。

たんぱく質が豊富な鮭のおにぎりや卵のサンドイッチを選ぶほか、サラダチキンや牛乳、ヨーグルトなどをプラスするのもおすすめ。(※1,3)

体調管理に欠かせない「ビタミン・ミネラル」

体のはたらきを調整するビタミン・ミネラルも朝食からしっかり摂りましょう。たとえば、貧血対策に役立つ鉄は焼きのりやしじみに含まれています。鉄の吸収を助けるビタミンCは野菜や果物に豊富です。

また、糖質の代謝を助ける作用があるビタミンB1は、たらこや玄米に多く含まれています。玄米おにぎりや、たらこのおにぎりを選ぶとよいですね。(※1,4,5)

便通を促す「食物繊維」

朝は腸が活発にはたらくので、比較的スムーズに排便できるタイミング。便の量を増やしてくれる食物繊維を朝食から摂ることで、腸を刺激できますよ。

食物繊維は野菜や果物、きのこ類に豊富。サラダやスープを摂り入れるとよいですね。また、玄米のおにぎりやライ麦パンを選ぶと、食物繊維を多く摂れますよ。(※5)

【ローソン編】朝ごはんにおすすめのコンビニ商品3選

1. 国産もち麦入り 枝豆と塩昆布おにぎり

Photo by 渡辺りほ

枝豆の食感が楽しいこちらのおにぎりは、もち麦入りで食物繊維がたっぷり摂れます。もち麦には、水溶性食物繊維の一種である大麦β-グルカンが豊富。

大麦β-グルカンは糖質の吸収を抑える作用があり、朝に摂ると昼食にもそのはたらきが続きます。血糖値が気になるとき、朝食に取り入れてみては?(※6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ