ローディング中

Loading...

美と健康に役立つと人気のナッツ。でも、食べ過ぎは便秘や肌荒れなど体の不調を引き起こす原因になるんです。ナッツの食べ過ぎがなぜよくないのか、それぞれのナッツの摂取量目安についてなど、ナッツと食べ過ぎについて詳しくお伝えします。

ナッツの食べ過ぎは危険!?

「アーモンド」や「くるみ」、「カシューナッツ」などのナッツ類。炭水化物、脂肪、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維など栄養素が豊富で、さまざな健康・美容効果があることで知られている、まさにスーパーフードです。これまでにもテレビの有名番組や多くの雑誌でナッツの効能について広く紹介されており、ナッツを健康のために食べている人は多いと思います。

しかしそのナッツ類が、食べ過ぎると私たちの体に色々な不調や弊害を引き起こす原因になることをご存知でしょうか。今回は、ナッツを食べ過ぎるとどんな症状が起きるのか、また一日の摂取目安量はどのくらいなのかをご紹介していきたいと思います。

どんな症状が起きるの?

太る原因に

とても栄養価の高いナッツは高カロリー・高脂肪の食品でもあります。ナッツの脂肪分は不飽和脂肪酸という、比較的太りにくい脂肪を含んでいますが、ナッツそのものは高カロリーの食品です。例えば、アーモンドだと100gで598kcal、ピスタチオは614kcalもあります。その他のナッツもほぼ同じくらいの高カロリーです。

これは、大体食事1回分のカロリーに相当します。適度な量を摂れば高い健康効果のあるナッツですが、やはり食べ過ぎると肥満の原因に。身体の不調を招くかもしれない怖い肥満……食べ過ぎにはくれぐれも注意したいですね。

肌荒れやニキビに

ナッツが直接肌荒れやニキビの原因になることは、海外の研究でも証明されていないようです。しかしながら、ナッツはもともと脂肪分を多く含む食品。さらにオイルを使用して調理されたものも多く、保存状態が悪い場合は酸化した油を食べることに。その結果胃腸に不調をきたし、肌荒れやニキビといった症状がでることもあります。

美容面から考えても、ナッツはなるべくシンプルな調理法で販売されているもの(素焼きでローストされているものなど)を選びましょう。

便秘や下痢に

アーモンドやくるみなどのナッツ類には食物繊維が豊富に含まれています。そのため、ナッツ類が便秘予防や便秘の解消に良いとされています。しかし、食べ過ぎると逆効果です。

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があり、それぞれが異なる働きを持っています。不溶性食物繊維は腸内の老廃物をかき出す働きを持ち、不溶性食物繊維は余分な毒素を体外に排出する働きを持っています。

便秘には「機能性便秘」と「器質性便秘」の2種類があり、便秘の種類によってはナッツの食べ過ぎで悪化の原因にもなるんです。また食物繊維は消化に時間がかかるので、過剰摂取により下痢を引き起こすこともあります。

ほかにも、保存状態の悪いナッツは酸化した油を食べることになり、下痢などさまざまな体の不調を招く場合があります。人の身体には、酸化した油を大量に食べた場合に小腸が内壁の細胞を剥離させ、下痢として一気に過酸化脂質を排泄する防御機構があります。しかしこのことが繰り返されるようでは、体に悪い影響がないはずはありませんね。

それぞれのナッツの栄養素や適正な摂取量を知り、調理法や保存法にも気を配って、ぜひとも体に効果的な食べ方をしましょう。

ナッツの種類で1日の目安摂取量が違う

ナッツは種類によって一日の適正な摂取量が異なります。それぞれのナッツは、一日にどのくらい食べたらいいのか、またどのくらいまでなら食べても大丈夫なのかを大体の「粒数」で表した「主なナッツの摂取量の目安」をご紹介していきましょう。

アーモンド

一粒のサイズによって多少の誤差はありますが、一日の適正摂取量の目安は20粒~30粒程度です。ちなみにこれは一度に食べる量ではなく、食前に2〜3回に分けて食べるのが良いそうです。理由は主に、お腹に負担をかけないためです。

くるみ

一粒のサイズによって多少の誤差はありますが、一日の適正摂取量の目安は6粒~7粒程度です。くるみはミネラルやビタミンなどをバランスよく含んだ高栄養食品ですが、カロリーは一粒約40カロリーとやや高め。摂り過ぎはやはり逆効果です。果肉の60〜70%が脂肪分でオメガ3脂肪酸が含まれており、血液をサラサラにしする効果があるといわれています。毎日少しずつを気長に食べ続けて理想の健康体を作っていきましょう。

ピスタチオ

一粒のサイズによって多少の誤差はありますが、一日の適正摂取量の目安は40~45粒程度です。

「ナッツの女王」といわれるピスタチオ。その名に恥じない風味豊かで栄養価も高い食品ですが、カロリーは「100gあたり615kcal」とかなりの高めです。オレイン酸、リノール酸などの不飽和脂肪酸が含まれているので生活習慣病の予防に効果があるとされています。

そのほかの栄養成分も豊富で、美容健康効果もたっぷり。また食物繊維が含まれている薄皮も食べることで、便秘解消効果が期待できそうです。しかしカロリーが高めなので食べ過ぎは禁物。適正な摂取量を守って長く続けましょう。

マカダミア

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ スープ まとめ

グラタンやサラダに使われることの多い「マカロニ」。今回は、マカロニを使ったスープのレシピに焦点を当ててご紹介したいと思います。コンソメを使ったやさしい味わいのものから、クリームスープといった濃厚なものまでさま…

じゃがいも まとめ

寒い日は、ほっこりしたい。そんなときにおすすめの食材が、体を温めてくれるじゃがいもです。どんな料理にも合いますが、今回おすすめするのは「味噌汁」。玉ねぎ、大根、わかめなど、いろいろな食材と組み合わせた簡単レシ…

豚肉 まとめ

豚ももブロックは脂肪が少なく、ヘルシーに食べられると人気の部位。しかし、どんな料理に使えばよいか分からない方も多いのでは?今回は、豚ももブロックのレシピを調理法別にご紹介します。角煮やチャーシューなど、人気の…

レシピ まとめ

具だくさんのお味噌汁は、その一杯だけでお腹を満たしてくれます。根菜、きのこ、お豆腐などをたっぷりと使ってヘルシーに仕上げてもよいですし、お肉や魚介を使えばボリューム満点。朝食から夕食までおすすめの具だくさん味…

レシピ パン まとめ

きな粉を使ったパンはほのかな甘さと香ばしさで、年齢を問わず人気がありますね。今回は、きな粉を使ったパンの人気レシピをご紹介。手軽にできるトーストから、手ごねで作る本格パンまでバリエーション豊かなレシピを揃えま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

ページTOPに戻る